ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< January 2015 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2015.01.28 Wednesday

恐ろしき無気力…。

 こんにちは。

 毎日寒いですね。外も冷えるし、気持ちも寒々としています。懐が寒いのは一年中ですが、そこは触れないでおきましょう。


 閑話休題。 


 今日は自堕落な私には珍しく、朝から「有意義に休みを使うぞ!」なんて意気込んでみました。先日までの勤務が久しぶりに激務だったので、そのリフレッシュというのは表向きの理由です。本当は「何もかも捨て去っても生きていけるようになりたいなぁ〜」なんて、漠然と思っていました。地元に帰った時に特に思いましたが、それもずっと前のような錯覚を覚えます。半月ちょっとしか経っていないのですね。


 鞄には読みかけの本や、先日ご紹介したNikon FEを入れました。他にも手紙の下書きの便箋やらノートパソコンやら、思えばよく考えずに用意していたようです。その重みに気付き荷物を減らして出掛けましたが、世間は平日の午前中です。地方都市の繁華街も勿論人は少なかったです。多ければ多いで疲れるのですが、冬空の下の閑散とした風景が妙に感傷的な気持ちをくすぐりました。



 良く行った大きな公園の景色でも撮るつもりが、気付いていたら自宅に戻る電車に乗っていました。快速電車で一駅です。嗚呼。


 結局昔の巡回コースを一巡しただけでした。




 何というか、気力というか実行力がないです。それを絶対したい!と言う執着も薄いのでしょうか。「寒いな−…」、そんなことだけを考えていました。





 
 このままずーっと、どこから始まったのかわからないような毎日が続いていくのでしょうか。ただもう人並みの幸せとかを求めてはいけないんだろうなと言うことは、うすうす自覚しています。









 早寝して明日からの仕事に備えますか。



















 
2015.01.27 Tuesday

凡人なので道具選びには余念がありません。 コクヨ 学習ハサミ ハサ-P230N

 こんばんは。

 クタクタに疲れて、何とか復活しました。自分もうつってはいけないというのがあるので、とにかく現状維持に努めるしかありません。気が抜けきった今日の休みは幸い好天で、いつも以上に暖かい一日でした。少し家のことと自分のことが出来ました。

 おかげさまでホッとして、今に至ります。



 さて、今日の本題です。

 仕事柄ハサミはよく使います。切れ味と頑丈さ・メンテナンス性を求めれば、以前紹介したこれに尽きるのでしょうが…。


 さすがにこれを職場で振り回すわけには行きません。ポケットに忍ばせられて、刃にカバーが付けられて、切れ味がよいもの。そして出来たら刃先が丸いもの。なかなか無いものです。今までも何本か試しましたが、『帯に短したすきに長し』と言った感じです。



 さてたまたま近所のスーパーで見つけたのがこれでした。




 値段はいいとして。とにかく子供用のハサミです。コクヨの『ハサ-P230Np』です。


 気に入ったのが、適度な大きさとテープの糊がべたつかない刃、そしてケースが付いていることです。さすがに開けて実際使ってからは買えませんでしたが、次の日の仕事で使ったらとてもいい案配です。

 大きさも絶妙ですが、切れも抜群です。余計な力を入れなくても、サクサク切れます。あいにくテープの切断はあまりなかったのですが、良さそうです。

 テフロン加工のハサミも切れはいいのですが、使っているうちにテフロンが剥がれてきます。私がこれまで使っていたものもそうです。これでは最初の切れ味は維持出来ません。

 「グルーレス刃」と銘打たれていますが、刃先の裏側がリブ状になっています。色々考えるものですね。



 ネット上での評判も良いようでしたので、在庫処分で売っていたもう一つも買い占めました。副業の時に使おうかと思います。ピンクと青とポップな色合いも何だかご機嫌になれそうですね。




 なかなかハサミというのは奥が深いものですね。一見単純な道具ほど使い手を選ぶのでしょう。










 今日はそんなところです。




















 
2015.01.21 Wednesday

気が付けばカメラに回帰しています。 Nikon FE

 こんばんは。

 自堕落だけど仕方のない休みの一日も終わろうとしています。疲れが取れないのはまだいいとしても、人生の三分の一を占める睡眠時間が苦痛なのはどうにかならないものでしょうか…。最近の悪夢は日に日に生々しく、苦しいものです。


 閑話休題。


 寒い上に体力も気力もない今日この頃ですが、手持ちでの写真撮影が最近また自分の中でのブームとなっています。

 デジタル一眼レフはこの前のE-510で結構楽しんでいますが、あの記事をアップした後に見てみると、何とも派手目な写りですね。あれはJPEG出ししたものを、リサイズのみの未加工でアップしたものです。コントラストが良いと言えばそうですが、サービス判のプリントを見慣れていた目にはちょっと不自然です。家電量販店で最近のデジタル一眼レフのパンフレットをもらってきましたが、中の作例もどれも加工しすぎた感じのものばかりです。今の流行なのかも知れませんが、くっきりはっきりの色好みなのは昔から日本人の傾向なのかも知れません。富士フイルムもそんな謳い文句で売っていましたしね。



 銀塩カメラで一眼レフはFM3aだけでしたが、何だか最近極端に値段が下がっているこれを買ってしまいました。



 おぉ、機種名が書かれていない上に昔のNikonの字体。Nikon FEです。シャッターは切れるというのみで後は未確認のものでしたが、送料を含めて三千円でおつりが来ました。


 レンズとソフトレリーズだけは手持ちのものですが、殆ど傷もないものです。80年代に発売されたものがこの状態?


 フィルムを一本通して近所を散歩しつつ撮りきってきましたが、AEの電子シャッターも問題なく使えました。露出計も精度はわかりませんが、追針式でFM3aの先祖に当たります。使いやすいものです。



 寒くてもう一度撮りに行く機会を逸しています。数本撮ったらまとめて現像に出したいです。シャッターも少しクシャッと柔らかい音でした。FM3aと違うものですね。


 
 因みにレンズはニッコールのパンケーキレンズで人気の50mm F1.8の長いバージョンです。数年前にパンケーキのものを使いましたが、ピント合わせに使うリングが短すぎました。これはその前に当たるただのAi方式のものです(パンケーキはAi-sです)。昔から愛用しているAi 50mm F2の改良版と言うことで、その描写の違いが気になります。

 これもフードまで付いたセットで格安で買いました。買い物ばかりですね…。


 フィルターがニコン純正のL1A、銀枠のモノコートのものです。デザイン的にもアクセントになって気に入っています。昔少しずつ集めたカメラのパーツの中から出てきました。レンズキャップも古いものです。

 
 あともう一つ、勝手に改良点が。このFEはスクリーンが交換出来るのですが、元々のK型を手持ちのFM3aのK3型に入れ換えました。FM2やFE2に入れ換え出来るのは知っていましたが、FEにも可能でした。ファインダー内が凄く明るくなりました!ただ前述の二機種とは異なり、厳密には露出補正が必要なようです(+0.3EVずれるようです)。ネガフィルムのみでの撮影ですので、現像時にどうにかしてくれそうですし、その辺も含め確かめてみたいです。

 やっぱり光学ファインダーは広くて明るいのが一番ですね。デジタル一眼レフを使って再認識しました。



 雰囲気はいい感じです。後は動作確認と撮影結果が気になります。





 また経過をご報告しますね。
















2015.01.17 Saturday

これまでのベンチマーク記録 Core i3 2350M

 おはようございます。

 特に予定を詰めない連休、世間は土曜日ですが何だかそんな感じも希薄です。近隣が静かすぎるのと、私自身昼夜のリズムが狂っているからかも知れません。昨晩は寝たのが明け方で、八時前起床です。寝坊出来ないのは、恐らく貧乏性だからかと思います。

 最近夜勤に入るパターンがまちまちで、身体のリズムを崩しがちです。今日には元に戻したいです。ただ明後日また夜勤なのですが…。



 さて年末ギリギリに復活を遂げた二台目X220i。ノントラブルで運用中です。旅行に持って行くべくセッティングとテストを急いだのですが、荷物がかさばるのと出先でまでパソコンを弄るのもどうかと思い直し、持ち出しはしませんでした。



 恒例のCPUベンチマークです。


 Sandy Bridge世代ですと、現状でも何の不満もないです。もう一台のメインのCore i5 2520M搭載機は、SSDのデュアル構成と言うこともあり速さはダントツです。
 
 ただ負荷をかけると通常電圧版であることもあってか、結構CPUも熱を持ちます。ファンがほぼ前回になることも。ターボブーストで3GHz超えもしますから、尚更かも知れません。

 その点このi3はさほど熱も持ちません。


 恒例のWEIです。


 バランスがいいですね。標準の7200rpmのHDD搭載です。


 ベンチマークも意外や意外。



 i5との差はありますが、大きな点はストレージのスピードによるものでしょうか。実際問題使っていて差を感じるのは、起動時とバックグラウンドでの処理の影響・画像の変換などの時間位です。



 これで今X220自体が二〜三万円で中古が買えるのですから、本当に良い時代です。キータッチもクラシカルの最後尾ですし、画面の解像度はWUXGAの外部ディスプレイとの併用でどうにでもなります。



 ただ問題が…。R500の稼働頻度が急に減りました。DVD観賞をX220i+外部ディスプレイにしているからです。勿体ない…。











 今日はこんな感じです。

















2015.01.10 Saturday

帰ってきました。

 こんばんは。

 久しぶりの三連休、もっと久しぶりに遠出してきました。生まれ育った懐かしの所へ行ってきました。気分転換とか観光とか、そう言う身軽なら尚良いのですが、今回は少し性格が違いました。

 その日はとっても暖かく、自宅の方との温度差でまず驚きました。

 

 とある神奈川県某のお寺にお参りに行きました。かれこれ十六年前に亡くなった祖母のお墓参りです。




 何と言って良いのか…。管理しているのは疎遠な親戚ですが、墓碑銘が見えない植木があるのも謎です。かつてバッサリ切ったのですが、久しぶりに行ったら元に戻っていました。凄い生命力ですね。


 せっかく来ても出来る事は限られているので、墓石やその周囲を綺麗にしました。誰か来ている風ではありませんでした。枯れた花がそのままでした。途中で買ってきた仏花を供えました。そういえばおばあちゃんは、シュークリームが好物でした。買ってくれば良かったと後悔しました。


 孝行出来なかったことと、個人的に残念な知らせを墓前で詫びてきました。



 そうなんです。ある意味区切りを付ける為の挨拶回りだったわけです。




 この時期に桜?お寺の側にまばらに咲いていました。




 昔良く買い物や遊びに行った横浜駅に寄りました。


 西口は相変わらずまばゆいです。この鏡面のような外壁は昔からですが、忘れられないものですね。



 西口に高島屋と三越、東口にそごう。そんなラインナップでした。三越は私が就職した頃位に閉店して別のテナントが入っていました。



 日が暮れるのが早いです。

 それにしても活気があります。人が多いのなんの。ダイヤモンド地下街も回りましたが、あまり店が変わってなかったので、何だかホッとしました。



 二日目。


 湘南は平塚駅。以前の職場が近かったこともあり、色々思い出がある場所です。甘い思い出も、苦い思い出も。



 藤沢駅で乗り換えて江ノ電で相模湾を眺めながら移動しました。並行して走る国道134号線は、良くオートバイで流したものです。潮風が心地よいのです。



 付いた駅は長谷駅。


 案内板にある大仏には行かず、別のお寺さんに行きました。




 四季折々の花が綺麗なお寺です。高台から臨む相模湾は絶景です。



 …、手を合わせました。





 中のお堂に大きな観音様があるのですが、外の飾り(?)に目をひかれました。



 何かの行事があるのでしょうか。過去に幾度となく来ていますが、こういうのは初めて見ました。



 風にゆっくりそよぐ極彩色の錦です。



 お寺を出て海岸沿いを歩きました。


 砂浜には人もまばらです。海に照りつける日射しが眩しいです。

 カメラは全てE-510で撮りましたが、フードを付けなかったせいか太陽光が直接入ると輪っか状のものが写ります。



 波はごくごく穏やかです。昔は波打ち際も良く歩いたものです。



 遠く三浦半島の方まで見えますね。



 鎌倉駅に向かう途中、昔父親の会社の保養所があったのを思い出しました。海からそう離れていないところの住宅街の中だった記憶があります。

 探していると、公園に昔の江ノ電の車両が静態保存されていました。


 さすがにこの車両が現役だった頃には乗ったことはありません。



 閑静な住宅街を縫って歩くと、鎌倉駅に到着。


 ここも変わりません。一安心です。


 ただ平日なのに、観光客が非常に多かったです。駅から鶴岡八幡宮までの通り(小町通り)がごった返していました。外国人の人も多く、古都鎌倉の密かな人気を感じます。お店の客引きが凄くて、逃げるように路地を抜けていきました。



 いつ見ても大きな鳥居です。鶴岡八幡宮に到着です。



 歴史上有名な階段です。まだ年始参りの人も多く、上の本殿はとても混雑していました。




 こう並べてみると、本当に遊びに行ったようにしか見えませんね。でもとても懐かしさでいっぱいでした。

 今まで遠慮してこちらには来なかったのですが、来てみると生まれ育った環境が羨ましく思えました。





 二泊三日、大まかにこんなものでした。
























 
2015.01.05 Monday

新年明けましておめでとうございます。

 明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願い致します。



 お正月もずっと仕事でしたので、お休みの気分は味わえませんでした。ただ仕事があればまだ気が紛れるので、大変助かっています。



 もう少ししたら三連休がいただけるので、ちょっと遠出しようかと思います。この前仕入れたE-510を抱えて行ってきます。軽いので助かります。バッテリーの予備もちゃんと準備しています。




 身辺もさっぱり綺麗にし始めていますので、清々した一年が送れたらと願っています。












 
2014.12.31 Wednesday

三度目の正直。 ThinkPad X220i

 こんばんは。

  今年も今日で終わり。悔いばかり残る一年でした。勿論その中でも人の優しさや有り難さはわかりましたが、自分が変わらないことにはどうにもならないことだけはわかりました。

 毎年律儀に総括なんてしませんが、今年はそうしないと前にも進めず後ろにも退けず。とにかく気持ちを切り替えないといけません。


 閑話休題。


 さてThinkPadを弄り続けて、どれ位でしょうか。結局持ち運びも楽で、パワーもあるX220シリーズで落ち着いていますが、メンテナンスのしやすさとパーツ類の入手が楽なことが、このささやかな「趣味」を続けられる大きな理由でしょう。

 X220ではシステムボードの不調が響き、サブのマシンがボードコンピューターのようになってしまいましたが、諦めの悪さには定評がある私です(本当?)。懲りずにトライしました。


 先日入荷のパーツです。


 うぉっ!またシステムボード。あるところにはあるのですね。

 廉価版とは言え、十分すぎるパワーがあるCore i3 2350M搭載のものです。値下がりしたところを押さえました。


 何度も組み直しているので、殆どマニュアルを見なくても出来るようになりました。X200/201シリーズより慣れると楽です。ネジなどが少ないせいでしょうか。



 必死だったので途中経過は省略。


 やった!起動は問題なしです。


 元々HDDはリカバリーしたものを使い回していたので、そこからWindows7を立ち上げます。



 こちらも問題なし。液晶画面が瞬いたり、電源が急に落ちることはありません。やはりシステムボードの不良だったようです。


 完成して全体を綺麗にしました。


 シール痕はありますが、綺麗になりました。



 ゴム足も揃っています。角などの塗装の剥げや傷は仕方ありませんね。



 キーボードは在庫で綺麗なものに交換。chicony製のものです。キータッチは良好。




 定例のOCCTを八時間かけましたが、ノントラブルでした。ただ幾ら省電力とは言え、Sandy Bridgeの通常電圧版だけありめいっぱい回すと結構熱は持ちます。

 今付けている4cellのバッテリーも前からのもので、劣化が顕著になってきました。満受電しても十分強しか持ちません。これは新規に購入しないといけませんね。




 三度目・三枚目のシステムボードでようやく動作が安定しました。

 今までの失敗の遍歴が以下にあります。


 うーん、これ以上弄る気力がないですね。USBポートやら何か壊れた際のパーツ取りにしか使えないでしょう。どっちもCore i3搭載なので勿体ないですが、BGAタイプなので換装は出来ません。



 どちらも目視する限りは問題無さそうなのですが、精密機器ですから何があるのかはわかりません。Core2Duoの頃より電源関係が特にデリケートな印象は受けました。






 年の暮れギリギリにようやくどうにかなりました。




 皆様、良いお年をお迎え下さい。























2014.12.26 Friday

華麗(?)なる生まれ変わり…。 ThinkPad X220i

 こんばんは。

 他人が見れば無為自閉な毎日だと思います。当の本人もそう自覚していますし、何も変わらず毎日過ぎていきます。気が付けば今年も残りわずか。何だか振り返りたくもない一年です。これからの長い時間を考えると、軽くめまいがします。ただ思い煩っても仕方ありませんね。


 閑話休題。


 さて先日お知らせしたX220分裂計画?結果はあっさり失敗です。あれから上半身の方を付け替えたり、部品を換えたりしました。最終的にシステムボードと液晶だけなら問題ないのですが、いざ元に戻すと同じような症状に見舞われます。

 液晶のケーブルを換えても復活せず、さすがに根気が失せました。




 デスクトップ用のキーボード?いえいえ、X220iの下半身です。


 これだけで外部出力は全く問題なし。液晶への給電が何故か不安定で、それのせいでシステム全体が動作不安定になります。テスターを当てて不良箇所を探るまでの根気とスキルはなく、とりあえずこの状態で使うことにしました。


 何かいつぞや見たことがある形ですね。うーん…。



 あ、思い出しました。かつてのエプソンが出したPC-CLUBです。PC-286C、当時もある意味古くさい感じでしたが、何か気になっていたのです。この形はPC-6001(近所の粗大ゴミ置き場で捕獲した…)とかもそうでした。お金持ちの友達が持っていたMSXもこんな感じでした。



 これを外付けのディスプレイに接続します。



 今まで寝かせてあったDisplayPort用の変換ケーブルです。これにDVI-Dケーブルを挿してつなげます。





 おぃ…。何と言いますか大味な感じです。

 
 最近目が疲れるので、大画面で且つ目に優しい解像度のものを探していました。自宅が好きに使えるの良いことに、24インチのIPS液晶のディスプレイを買いました。解像度も主流のフルHDのように横長でないものです。WUXGAのものです。中古ですが良いものでした。16:10は自然ですね。

 
 キッチンがDVD観賞兼作業場になってしまいました。








 下半身だけでもいけるのは、結構斬新かも知れません。ただX220用の予備のパーツが一気に増えました。これでメインのマシンが不調になってもいつでも直せます…。結構面倒臭くなってきましたが。



 Sandy Bridge系のチップセットは私には十分すぎる性能ですが、その分デリケートな印象です。今までのThinkPadなら、切ったり貼ったりで結構上手くいけたのですが。今回はかなり手こずりました。一層の省電力と性能向上を図っているせいか、ざっくばらんにいじっては調子が悪くなるだけだと痛感しました。





 因みに今見ているのは『NCIS』です。海外ドラマの科学捜査ものばかり見ています。これは元軍事マニア見習いだった私には、何とも言えない嬉しい設定です。主演のマーク・ハーモンがなかなか良い味を出しています。






 結論:画面は広いのと狭いのを二種類あると作業が捗る









 老眼に負けず、細々と頑張ることとします。


























2014.12.16 Tuesday

ちょっと歩いて撮ってきました。 Olympus E-510

 こんばんは。

 今月も残るはあと半月です。何も準備らしいことはしていませんが、正月から夜勤なのであまり気にしていません。正月明けのお休みが唯一の楽しみです。数年ぶりに地元に帰ってみたいと思っています。


 実は先日ご紹介したカメラを持ち出してみました。

 肩にかけて歩いても、やっぱり軽いですね。標準ズーム込みの大きさの手持ちのカバーに上手いこと収まっていました。ただケースの色がピンク…。気にしないことにします。



 歩いて撮ってきたのを数枚お披露目したいです。相変わらずの腕前ですが。



 寒々しいですね。



 一部凍っていても、何か泳いでいました。



 まっすぐです。電車も来ません。



 こんな蔵が結構近隣にはあります。




 気が付けば夕方でした。どれだけ歩いたでしょうか。
 
 その後は疲れて寝てしまったのは言うまでもありません。






 カメラについての感想などはまた別の機会に。オートフォーカスは感覚が違いますね、どうも慣れませんでした。





















2014.12.14 Sunday

アンダー一万円のデジイチ!でデビュー…。 Olympus E-510

 おはようございます。

 世間の休日に珍しくお休みです。夜勤明けで動き回っていたせいか、夜はぐっすり。朝はまずまずの寝起きでした。悪夢を見るという、最近の嫌な寝起きとは無縁でした。


 
 先日カメラを抱えて電車で小旅行してきました。少し足を伸ばしたのは秋の動物園以来です。山形市内に行ってきました。


 まだまだクリスマスまであるのに、既に飾り付け済みです。それだけ家と職場の往復だったと言うことでしょうか。世情に疎くなりました。

 その日は山形市内は雪が降っていました。自宅近隣は晴れていたので、随分違うものだなと思いました。



 カメラは二台持参。銀塩カメラのFM3aとコンパクトデジカメのS6000です。前者のフィルムがあと十数枚残っていたので、それを撮りきりたかったのもあります。その為だけに交通費を出していったのではありませんが、この日は駅から殆ど人の気配がありませんでした。


 寒さへの対策で考えさせられたことが一つありました。

 ◎バッテリーの消耗が予想以上に早い。


 S6000は普段のメモ用のデジカメではないので、出動回数は少ないです。ただバッテリーの残りは確認していったのですが、霞城を撮って歩いているうちにバッテリーが空になってしまいました。せっかく良いところだったのでがっかりです。昔からAFカメラ使いの人が予備のバッテリーを持ち歩いている訳が、今回やっとわかりました。

 因みにMFカメラのFM3aは露出計にボタン電池を二個使っていますが、今まで十年で一回交換したのみです。今回も誰もいないことをいいことに、のんびり構図なんか考えながら24枚撮りのフィルムを使い終えました。


 ただフィルムの現像のコストは今となっては馬鹿にならないものがあり、たまってからまとめて安いお店に頼む予定です。ですのでデジタル化するのには不便ではあります。フィルム自体は叩き売りの際に買いだめしたので、向こう数年は大丈夫ですが(有効期限がありますが、敢えて無視します…)。そう言えば、リバーサルフィルムや中判用のフィルムも防湿庫にありました。


 
 カメラの楽しさを再確認して、また小旅行に行こうと思っていたのです。加えデジカメのバッテリーの予備を注文しました。互換品だと本当に安いです。今までニコン純正が五千円位?とかいう信じられない値段だったので、二の足を踏んでいました。



 さてそれから数日後に巡回していると、気になるものを発見。

 たまに掘り出し物があるリサイクルショップのガラスケースに一眼レフのセットを発見しました。いつぞやのポラロイドを入手したお店です。どこから仕入れてくるのか不明のものを扱っていて、個人的にはひいきしています。


 オリンパスのデジタル一眼レフでした。ニコン・キャノンに比べると値段は下がるのは昔からですが、デジタル一眼レフだと値崩れが激しいです。U1万円のものとかがあるとか、ネットの情報で聞きかじってはいました。U1万円?『Under 1万円=一万円以下』とのことだそうです。

 オリンパスは一時OM-2nを使っていました。小型で小気味よいものでしたが、この機種の弱点・ミラーの腐食があり、ファインダー内が浸食されてきたので手放してしまいました。小さくてまとまったカメラメーカー、というイメージを持っていました。仕事上医療機器でのシェアが大きいのは知ってはいましたが。



 捕獲してきたのはこれです。


 ロゴが見えませんが、フォーサーズマウントのE-510です。中古の相場を見てもボディで一万円前半と安いです。2007年式ですから、もう七年落ちですね。


 この状態でガラスケースから出されましたが、年式の割に傷も傷みもありませんでした。動作確認しようとしたら「電池が切れているんです」と。それで動作未確認とのことです。充電器がないそうです。



 ただ中にはこんなものが入っていました。


 バッテリーは純正。隣は?

 
 何とSanDiskのCFカードが入っています。それも高速転送の8G!最悪動かなかったら、これだけでもある程度取り返せまいか?そう考えました。

 「限りなくジャンクに近い品物」とは言いながらも、使用感がないから動くとは思うと。おまけに動作不良の場合の一ヶ月の返金補償がついていました。
 

 またもや奪い取るように買ってきました。



 レンズは調べると元々のキットのものではないようです。Kenkoの保護フィルター付きです


 『OLYMPUS DIGITAL 14-45mm 1:3.5-4.5』、標準ズームとしては普通のスペックです。因みにフォーサーズ機は二倍の焦点距離になるので、35mm換算で28-90mmとなります。準広角からポートレイトまで、ですか。

 この機種の先代に当たるE-500のズームキットに付いていたようです。マウントも金属で、結構しっかりしています。

 レンズも目立ったダメージはありませんでした。


 他の付属品はメーカーのロゴ入りのストラップのみ。


 何故か輪ゴムの後が残っています。束ねて長期保管していたのでしょうか?



 バッテリーがないと全く動作確認も出来ないので、急いでアマゾンに売っている互換品の充電器を取り寄せました。バッテリーは完全に放電してました。



 さていざ揃って、充電も数時間かけて完了。通電は確認しました。

 デジタル一眼レフだとシャッター回数が使用頻度の目安になると。裏画面のような操作で確認出来るので、まずシャッターを切る前に見てみました。



 R:000921、と。

 シャッター回数が千回未満?

 


 どうも殆ど使っていなかったようです。うーん、久しぶりに良い買い物をしました。人気がないのが幸いだったのでしょうか?元々狙っていたニコンのD40とかは、中古でももっと高いです。



 この機種は軽いです。バッテリーとCFカード込みでこんなものです。


 約800gです。軽いですな−。



 結局最低限のものを揃えて、やっと実戦配備に着きました。

 完成型はこんな感じです。




 ストラップは前にヨドバシで叩き売りで買ったものです。かわいいですが、持ち主に似合うかは聞かないことにして下さい。


 変わったところは、ファインダーの接眼部でしょうか。



 少し出っ張っていますが、中のファインダーを拡大するマグニファイヤーを付けました。ファインダー自体は明るいのですが、とても小さく狭いのです。仕様のようなのですが、調べていると他のメーカーのものが流用出来るとか。


 購入したのがPanasonicのVYC0973という、1.2倍に拡大出来るものです。1500円しないものです。元々液晶画面でピントを合わせる気はなかったので、これでファインダーが見やすくなり御の字です。



 全部込みでも一万円しませんでした…。コンデジより安い?


 お散歩用には最適かと思います。ちょっと冬空に出かけるきっかけにもなりますね。


 フォーサーズ自体、メーカーが終了を宣言しているのでもう新規で販売はありません。人気がないわけです。ただマウンターを付けて、他のメーカーのレンズも付けられます。手ぶれ補正もボディ内蔵なので、設定の変更は必要そうですが対応出来ます。元々銀塩メインなので、問題にならないかと。



 オリンパスも昔から商売が下手な感じがします。ただ軽量で必要十分な機能としては、最新機種だけが選択肢ではなくても良いと思います。身軽にふらふらしたい私みたいな向きには、お値段含めありがたいものです。









 少し撮ってきたら、画像をアップしますね。

























Powered by
30days Album