ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< March 2015 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2015.03.30 Monday

色々理由をつけてWindows8.1導入。 Acer Aspire V5 V5-131-N14D/S

 おはようございます。

 夜勤明けで寝ずに頑張った割に、朝は無駄に早く起きてしまいました。細々としたことが出来るからありがたいですね。最近どうも元気が出ませんが、もうすぐ三月も終わり。やれることはしっかりやっていきたいです。


 閑話休題。

 
 さて先日Lenovoにプリインストールされていたマルウェアの話と関連するのですが、今後運用していくこととリスクの分散などを考えていました。

 近年のThinkPadはキーボードなどが以前のものほど良くなく、且つメンテナンス性も他社並みになってきた感じです。新機種もあまり魅力を感じません。全体的に薄利多売な印象です。X220を二台確保しているのでしばらくは安泰ですが、次買い換えの際はThinkPadがメインの機種にはならなさそうです。

 一番心配したのは、SuperFish騒ぎで価格が暴落するのでは?ということでしたが、見る限りは目立ってないようです。ただ廉価機種の安売りは結構進んでいますが。


 
 そんなわけで外で使う機種を別口で探してみました。条件はLenovo以外で、Ultrabookみたいな拡張性皆無でない機種。

 比較的最近の機種は、もうWindows8に切り替わっていました。新しい環境に慣れるという意味でも良いかもしれません。

 


 帰ってきたAcer、薄型で一見流行だったUltrabookぽい作りです。





 それらしいアイソレーションキーボードが言わずもがなです。選択の余地がありませんね。

 機種名はAcer Aspire V5 V5-131-N14D/Sです。発売時廉価機のくくりだったようです。





 Windows8.1にしました。Androidのスマホのような起動画面です。ただ起動が速いです。

 Ivy Bridgeの低電圧Celeronだからと馬鹿にしていましたが、電源を入れてメーカーのロゴが出てから、ここに至るまでが早いです。今度測ってみます。Windows8になってからの利点が少しわかりました。


 ただ噂のMetroの操作画面は使いづらいので、旧来のデスクトップがすぐに立ち上がるように設定を変えています。


 
 画面右側のガジェットも、Windows 7の時のものをそのまま使えるようにしています。これだけ見るとあまり違和感がありません。



 地味にソフトウェアの互換性に難ありですが、のんびりセッティングしています。安かった割に元々メモリーも4G(もう一つスロットに空き有り)で、HDDも500Gのが載っています。拡張する予定は今のところありませんが、手を加えられる余地があるのは有り難いです。メモリーが増設不可とかいうのは、どうも精神衛生上よろしくないです。


 キーボードはペチペチ音がしますが、意外に打ちやすいです。


 Returnキーと「む」がほぼくっついているのが、気にはなります。スペースキーの両脇も余裕がありません。デザインと大きさを考えると致し方ないのかも知れません…。


 本体は薄型ですが、バッテリーがハイヒールのように腰高にしてしまう形です。傾斜が付いて入力はしやすいですが、手持ちのソフトケースへの収まりが良くないですね。ただバッテリーは長持ちしそうです。まだ実戦で使っていませんが、満充電でOSの通知アイコンでは六時間超でした。

 トラックポイントがないので、BlueToothのマウス持参になります。多少荷物が増えますね。タッチパネルは非搭載、グレアの液晶です。タッチパットは広いですが、クリックするボタンもなく全般的に使いづらいです。

 全体的に華奢な印象です。液晶もさすがに180度まで開くわけもなく、ミシミシいうのが不安ではあります。




 CPU(Celeron 1007U)のベンチマークは、また別途お知らせします。意外に馬鹿に出来ない性能でした。





 今日はこんなところで…。


















 
 
2015.03.24 Tuesday

嫌な予感、的中? dynabook SS RX2L SL140E/2W

 こんばんは。

 出会いと別れの春と言いますね。私に限って言えば別ればかりのような気がしますが、いつ何時何があるかはわかりません。良き出会いと良き別れがあるよう、静かに穏やかに暮らしたいものです。


 閑話休題。


 さて、先日分解した"dynabook SS RX2L SL140E/2W"(以下RX2L)、部品を少しずつ集めました。


 まず液晶パネルです。


 ノングレアのせいか、写真の撮り方がまずいのか、いつもぼやけて写ります。中古で表示は良好のものです。


 型番は…?


 LTD121EWEKとあります。この前のとは違います。RX1から外したものとのことでした。実はこれには色々悩んだのです。

 液晶パネルの互換性がRX1・RX2・RX2Lであるのかが、調べても今一つわからなかったからです。半透過と言う聞き慣れないものですが、私が持ってきたRX2Lは「普通のLED液晶にしたモデル」らしいです。ただどの型番にどの液晶かがわからないのです。


 とあるサイトでRX1とRX2の液晶パネルを相互に融通出来る、と言う内容の記載を信じて(と言うかやってみて試してみたくて)、これを手に入れてきました。華奢な筐体のせいか液晶のダメージは多いようですが、意外に交換用の液晶の流通が少ないです。年式的に見ても厳しくはなってきますが、パネルそのものがとても薄く特注品のような感じです。同じ画面の大きさだったThinkPad X200辺りと比べるまでもありません。東芝らしいと言えばらしいですが。


 元から付いていたものと並べてみました。


 形状はほぼ同じです。因みに左が今回入手したもの、右が最初から付いていた割れていたものです。


 恐る恐るLCDのケーブルの差し込み口を見ましたが、こちらも同じでした。30pinではありますが、コネクター自体小さく薄いです。これが後でやってしまう伏線になるとは、この時は思ってもいませんでした。


 実は元から付いていたLCDのケーブルをダメにしてしまったのです。それで別口から後で仕入れました。



 左が元からの方、右が新たに仕入れた分です。


 ダメにしようもない気がしますが、こうしてしまったのです。


 被写体が近すぎてピントが今一つですが、コネクターに挿すピンが歯抜けになっているのがおわかりかと思います。何で?

 理由は液晶パネルを天板から外さずに着脱していたら、少しずれたまま押し込んでしまったのです。パネルがしなるので、そのままで済まそうと横着したのが仇となりました。


 そろそろ失敗するかも?なんて書いたのもいけなかったかも知れません。予想が現実となりました。



 親切な方にこれだけ譲ってもらったのです。ありがたいことです。勿論正常なものはこうなっています。


 固定用のテープも剥がさない方が良いです。表裏がわからなくなります。それも失敗の一因でしたので。



 ケーブルを慎重に接続しました。


 えぇ、今度は大丈夫。表示を確認してからしっかりテープを貼り直しましょう。


 マザーボードにつけて、ヒンジの裏を通して一応形を整えました。今度こそいけるはず!


 ACアダプターを繋ぎ、ドキドキしながら(かなり楽観的でしたが)電源を入れました。


 バックライトが点灯し画面見えますが、何故かメーカーのロゴすら出ません。数秒すると右側から垂れ下がるような虹色の縦線が出てきました。最初何が起きているのかがわかりませんでした。えっ…?

 右から左に縦線が表示されると、全面がこんな感じになります。この表示で止まります。



 ケーブルやコネクターなどの接触不良を疑い何度かトライしてみましたが、一向に改善しませんでした。


 これはどうやら液晶の不良ではないようです。

 ケーブルも破損していない方は問題ありませんでした。念のため、元の割れたパネルも付けてみましたが、入手した時と同じ表示でした。映像の信号は送られているのです。



 液晶への出力の問題でしょうか?となると、マザーボード自体の不良?だとするとお手上げですね…。一気に暗礁に乗り上げました。






 今回は手強いです。ちょっと一息ついてから、改めて情報収集して再挑戦したいです。



























2015.03.18 Wednesday

趣味と実益を兼ねて。 DVDプレーヤーのリージョンフリー化

 こんばんは。

 休みも何となく終わりにさしかかってきました。とにかく寝不足だったので、今日は休養に充てていました。天気も今一つで、明日は雨のようです。やることをやっておいてよかったです。


 
 実は海外ドラマのDVDを借りて見続けて早半年。近所のTSUTAYAに通っていますが、旧作なら安いのをいいことに散々見てきたせいで、残るシリーズものが準新作だけになってしまいました。タイトルは『CSI:NY』と『NCIS』なのですが、七泊八日で108円が一番の魅力でした。準新作だとさすがにこうはいきません。すぐに返しに行かないといけないもの悩みの種です。


 勿論国内向けのDVD-BOXなども売られていますが、そうそう無駄遣いも出来ません。そこで気になっていたのが、私はいつも日本語吹き替えではなく字幕で見ているのですが、ある程度英語なら字幕を見なくても内容がわかることです。字幕は結構意訳していて、そのセンスも絶妙だったりしますが、字幕が無くてもある程度いけないか?と思いました。海外のドラマで例えばアメリカで販売されているものは、DVDのリージョンコードが違う為に、手持ちの機種では通常見られません。ただ日本で発売されているものとの価格差が意外に馬鹿にならないので、その内アメリカのDVDが直接見られるように(=リージョン1対応にする)したいと思っていました。



 以前PioneerのDV-410Vというリージョンフリー化では定番の機種を持っていたのですが、当時は使い道が無く手放してしまいました。


 そこで手持ちのもの(ポータブルのプレーヤー)と、新たに据え置きのプレーヤーを共にリージョンフリー化に成功しました。



 今はDVDのプレーヤー自体が廉価機ばかりで、どうも見た目から信頼性などが怪しい感じですが、数年前までの海外メーカーのモデルですと全世界で販売している関係もあってか、ほぼリージョンフリー化が可能でした。海外のサイトでその手の情報も載っており、英語さえ読めればいけました。


 とりあえず元々リージョン1仕様のPhilipsの据え置き機をフリー化して、国内盤(リージョン2)のものを問題なく見ることが出来ています。






 どれも何だか隠しコマンドを打ったり、ファームウェアーを書き換えたりと、改造に近いような手合いのものでドキドキします。数字入力にリモコンが必要なのが、この作業の一番の胆かも知れません。





 今日はそんなところです。







追記:自身の備忘録を兼ねて、一部を画像で取っておいたものをアップしました。



 2007年製のLGのポータブルDVDプレーヤーです。DivXにも対応していて、USBメモリーに収めた動画も見られる、結構便利な仕様です。

 安っぽい感じはともかく、液晶が回転するなど使い勝手は上々です。数年前に巡回コースのお店で¥780で買ったものです。子供が入院した時、とても重宝しました。




 こんな感じですが、日本国内向けなのでリージョン2固定です。型番はDP271ですが、海外のサイトの情報がそのまま使えませんでした。販売していた場所で仕様が異なるようです。DP771での方法で可能です。

 
 いったん諦めかけたのですが、色々調べてこのような画面に入れるようになりました。


 元々、"region number"が2になっていましたが、これをリモコンで0に設定しPAUSE(一時停止)を押すと設定が可能です。

 まだリージョン2以外のDVDを持っていないので、見る機会がないのが残念です。(2015.03.19 更新)




  












2015.03.17 Tuesday

早速分解してみました。 dynabook SS RX2L SL140E/2W

 おはようございます。

 夜勤明けで帰ってきました。今日はとても良い天気なので、少し用事を済ませてから休もうかと思っています。

 ここ数ヶ月食欲が無くて、しばらく過ごしていました。先日職場の健康診断を受けましたところ、再検査になりました。今までこんなことはなかったのですが、どうやら貧血気味でした。食事を摂っているか?とまず聞かれました。これでは他人様のお世話をさせてもらう側ではなくなりますね。


 閑話休題。
 

 さて先日捕獲したdynabookを分解してみました。あまりの軽さに中身が抜かれてはいまいか、心配だったのもあります。必要な部品の確認の意味も兼ねて、ちょっと不安ながらもネットでの情報を元に行なってみました。東芝製のパソコンは分解しづらい体験があったので、おっかなびっくりでしたが…。




 裏のネジをはずせば、簡単に外れました。変に爪などで止められていない分、逆に安心ではあります。裏蓋一枚を剥いだ姿です。


 マザーボードが小さいです。光学ドライブ搭載モデルと共通の為か、左上のスペースが樹脂製の補強?を入れたのみで、見るからにスカスカです。

 
 右下がHDDが入っていた場所ですが、耐衝撃とかは考慮した作りでは無さそうです。




 一枚板です。右上はPCMCIAのスロットになります。無線LANモジュールの取り付け口より配線が跨いだ構造になっており、最初に根本を外しておく方が無難でした。


 何とも特殊な感じのSATAケーブル。これがないと手持ちのストレージを付けられないので、一番心配していたところでした。



 ただ中に収めてあるだけ。外した際にそのまましまったのか、差し込み口が一見してわかりませんでした。どこ?


 多分ここかと。


 見えにくいですが、上のコネクターの裏側・キーボード側のマザーボードにフィルム状のケーブルが差し込めるところがありました。形や長さから、ここかと思います。



 ネット上の情報では、上半身のベゼルの外し方が難しいとのことでした。確かに凄く薄く、上の部分をネジ止めされている以外は両面テープ固定のようです。バキッと割ってしまいそうです。ちょうど爪を切って短い時だったので、尚更心配でした。


 どうにか外せて、取り出した液晶がこれです。


 12.1インチのものですが、とにかく薄いです。天板自体も一枚板ですが薄いので、ちょっと力を加えたら液晶が割れそうです。ジャンク品の理由がわかります。


 液晶の型番は…。


 LGのLT121DEVPK00です。バックライトがLEDのことと、WXGAということはわかりましたが、モデルが多岐に別れていて適合がはっきりわかりません。


 液晶パネルと繋ぐコネクタも薄型です。ただ挿してあるのをテープで留めているだけでした。一度外したのか、簡単に剥がれました。




 液晶さえ手に入れば復活しそうですが…。また探してみます。






 思いの外、上手くいきました。ただ今までのパターンでいくと、そろそろ手痛い失敗しそうです。『最後の最後で自ら破壊』だけは避けたいです。










 また追ってご報告します。




















2015.03.13 Friday

(恒例の)周回遅れのレビュー…。 JINS PC SQUARE

 おはようございます。

 休みも連休でないと疲れが取り切れません。昨日も午前中がほぼ廃人で、午後から活動開始でした。夜は早く寝ましたが、いつもの巡回コースのお店で困ったことが。狭い店内に所狭しと置いてあるのですが、うっかりショウケースに当たってしまって中の食器が割れてしまいました。そんなに荷物も多いわけでもなく、ただの私の注意散漫なのですが、お店の人は私に怪我がないかと気遣ってくれました。弁償を申し出ましたが、「いいですよ」と…。申し訳ない気持ちで一杯でした。


 閑話休題。


 さてテレビも見ず、ラジオを聞くかCDを聞くか、はたまたパソコンに向かっている時間が、私の自宅内では多い光景です。ただ最近眼精疲労と言いますか、ひどく目が疲れてきます。併せて頭痛もひどくなるので困っていました。

 聞く話だと、液晶ディスプレイから発せられるブルーライトが原因とも。CCFLからLEDに変わってから、確かに眼の疲れが違います。前者はそんなに疲れませんでした。長年使っていて輝度が落ちていたのもあるでしょうが。



 パソコン用のめがねがあるのは知っていましたが、たまたま巡回コースで捨て値で売られていたものを確保しました。噂には聞いていたJINS PCというブランドのものです。




 長期在庫品だったのか、パッケージがくすんでいますが、新品でした。何で安いのかは、後でわかりました。



 真面目に買うと結構値が張るのですね。



 フレームもソフトで、かけ心地は良さそうです。形も癖が無く何にでも合いそうです。


 うん、良さそうです。




 元々私がかけているめがねは、近視がほんの少し入っているだけです。裸眼で運転免許証の検査も通ってしまう位です。ですので、こちらの度の入っていないものでもさほど支障は無さそうです。



 気付いた点を幾つか。

 ◎レンズがダークブラウンに着色されています。付けている分には気になりませんが、傍目でみるとちょっと違和感があります。

 ◎フレームは柔軟性があり、且つ耳や鼻へのフィットも良好です。

 ◎フレームの色が、使う人を大いに選ぶ色でした!!


 一番最後のフレームの色、これが全てを物語ります。私がかけると売れないお笑い芸人のようになってしまいます。白のフレーム、目立ちますが確かに見かけませんね。外出先などで使うのには、一考を要します。



 ただ手持ちのパソコンを普通に使っていても、眼の疲れは感じにくくなりました。元々バックライトの輝度は下げていますが、このめがねのレンズを通すと、気持ち二〜三割増しで眩しさが抑えられている感じがします。フレームのフィットが良いのも、使っていて違和感のない一因だと思います。


 特に悩んで選んだわけでは無く、眼精疲労と頭痛・(近い未来に)老眼が控えていることに少しでも対処出来ればと思っていました。予想以上の効果が実感出来ます。


 各社からピンからキリまで様々な同じ用途の製品は出されていますが、評判が良いものはやはり違うのですね。





 もう少し使い続けていきたいです。





















2015.03.12 Thursday

休日の工作用に…。 dynabook SS RX2L SL140E/2W

 こんにちは。

 昨日は夜勤明けで仮眠をとらずに、色々用事を済ませてきました。ここ数日悪天候だということから、休みでも動けないことを考えて頑張ってしまいました。ただ今日は晴れています…。

 あまり寝ていない割に早く目が覚めてしまい、ボーッとしていたらこんな時間になってしまいました。やっと目が覚めた感じです。せめて午後は有意義に使いたいものです。



 閑話休題。


 
 さて先日徘徊した際に、もうこれ以上増やさないと決めていたものをまた仕入れてしまいました。せっかく機材の整理が進んでいたのに…。仕入れ先は、たまに出物を見つけられるあのお店です。


 帰宅した際はこんな様でした。


 無造作ですが、ジャンク品でもちゃんと梱包してくれるのは有り難いです。



 全く手入れしていない状態ですが、意外に綺麗です。




 地味にWindows7 ProのCOAが貼ってあります。中身が抜かれているのかと思う位軽いモデルです。液晶で噂には聞いていたあの機種です。


 そう、dynabook SS RX2Lです。"L"が付くのは液晶の違いだと、買ってから調べてわかりました。
 
 一台だけ置かれていたのですが、値段に比して際立って綺麗でした。液晶割れとHDD抜きとは書かれていましたが、後は確認出来ませんでした。当然バッテリーもあがっていたので、BIOSも拝めません。



 パームレストもキーボードも綺麗です。ステッカーの汚れが年代を感じる位で、大分良い方ではないか?と。既に小脇に抱えていました。




 異常な軽さが心配ですが、元々軽量で売っていた機種みたいです。中を完全に覗くには裏蓋の十数本のネジを外さないといけませんが、メモリーと無線LANモジュールのカバーは取れました。空きスロットのメモリーは無し、DDR3世代のものです。この機種では新しめな方ですか。無線LANはフルサイズのモジュールが刺さっていました。


 我が家の部品箱には主要メーカーのACアダプターが揃っているので、15Vのセンターがプラスのものを代用してバッテリーを充電してみました。完全に空になっていたのか、満受電まで一晩かかりました。



 さて、起動してみますと…。


 無残なまでの割れっぷりです。全く表示は見られません。


 ただD-subで外部出力をしましたら、BIOSは見られました。メモリーもオンボードで2G載っていました。CPUはカタログスペックだとCore2Duo SU9400のようです。TDP:10Wの超低電圧のものです。


 最悪BIOSにパスワードとかかけられていたら手も足も出ませんでしたが、これは大丈夫でした。いっそのこと上半身交換してしまおうかと思っています。




 値段は秘密ですが、本当に安かったです。良い買い物をしました。あとは二個一・三個一で出来るだけ安く仕上げて、Linuxでも入れようかと。軽いのは便利そうです。ThinkPadみたいな耐久性はなさそうなので、運用する場面は選びそうですが。









 追ってまたご報告します。
 













2015.03.08 Sunday

Lenovoがやらかしてくれたおかげで…。 SuperFish騒動の余波

 こんばんは。

 多少は元気が出ました。やはり幾ら食欲がないと言っても、何か口にしないのでは力の出ようもありませんね。今日は夕飯が美味しくいただけました。それだけで幸せ…。これで夜、悪夢にうなされなかったら言うこと無しです。


 閑話休題。


 騒動になってからしばらく経ちますが、Lenovoが一部機種にスパイウェアをインストールしていたという例の件です。2/19に報道されましたから、しばらく経ちましたね。私は翌日に知ったのですが、当初の他人事のような公式のコメントに閉口しました。謝罪して罪を認めたらダメ、という文化もあるのでしょうが、企業の信用問題に関わることをサラッと流そうとしているように思え、非常にがっかりしました。


 他の多くのサイトの記事に詳しく載っていますので、ここでは下手の横好きでThinkPadを弄っている私は多く語りませんが、幾ら対象機種に含まれていなかろうが、検証サイトでテストして問題ないことを確認しても、どうも信用出来ないのが正直なところです。


 元々ハードウェアにバックドアが仕込まれているとか、外国の諜報機関がLenovoのPCの使用を禁じたとか、以前から噂がたっていたことを別の形で証明してしまったと、私は考えます。安くて高性能、でも何かセキュリティホールが漏れなく付いてくるのでは、企業だけでなく一般のユーザーも敬遠することは間違いないかと思います。



 手持ちのX220二台とR61・R500はとりあえず対象機種に入っていなかったのですが、外でX220を使うのを憚られるような感じがします。そんな他人のパソコンに興味を持つ人はいませんでしょうが、わかる人には「リスク管理が出来ていない人」と思われてしまいそうです。あくまで私的な用事で使っているだけですが、お仕事で取引先などで使うようになる方にとってみれば困るのではないでしょうか?





 元々機材整理を大幅に進めていたので、これを機に別環境の検証と外での運用向けに、もう一台確保してしまいました。





 また詳しい話は今度しますね。

















2015.03.07 Saturday

これまでのベンチマーク記録 Core i3 3217U

 こんばんは。

 無為自閉な一日も終えようとしています。悔やんでも仕方ないですが、一呼吸おいてからしないといけないことを、未だ学習していないように感じます。


 さて先日のNUC、しっかり稼働しています。Windows7をクリーンインストールしたのですが、mSATAのSSDのおかげもあり起動が大変速いです。大画面での作業向けに、デジカメの画像の現像や編集なども考えています。


 これに載っているCPUは、第三世代(Ivy Bridge)のCore i3 3217Uです。1.8GHzとクロック周波数は低めです。Uと付いているように、低電圧版のCPUです。性能が気になるところです。



 恒例のCPU-Zです。TDPが17Wと通常電圧版の半分です。


 WEIを見てみました。



 この前のi3 2350Mと似たスコアです。プロセッサの値がクロック周波数分低いですが、他はほぼ同じような値です。HDDとSSDの差は大きいですね。


 こちらはと言いますと…。


 速いです。SandyとIvyの性能面での大きな差は無いという話が納得出来る形です。ただ省エネしつつも性能が落ちないのは凄いことです。




 うーん、低スペック愛好の志が挫けてしまったようです。速いのに慣れてしまうのは、ある意味依存性があるのかも知れません。遅いものには、割り切りと工夫があれば何とかなるのですが…。



























2015.03.07 Saturday

無為自閉な休日。

 こんにちは。

 何だか半日寝ていました。寝不足はありましたし、悪夢にうなされるので熟睡感は無いままでした。昨日も居間でしばらく倒れていましたが、気が付いたら寝ていました。


 夕方に約束があったので起きました。本当に何か目的がないとこんなにも毎日が苦痛だとは思いませんでした。そう言う時に限ってやることなすこと裏目に出るのです。



 無為自閉な休日、その一言に凝縮される一日です。こうして時間だけ過ぎていくのですね…。








 少し活動的になれるきっかけを掴みたいものです。




















2015.03.03 Tuesday

あっさり完成。 intel NUC DC3217BY

 おはようございます。

 嫌なことは早めに済ませる・やらないで後悔するよりはやって後悔する…。そんなことを考えながら毎日過ごしています。何十年ぶりかにチャレンジしたことがありまして、見返すとまぁ進歩は皆無だなと実感しています。学習することで成長出来れば、何も言うことはありませんが、ここは結果はともあれ実行したことに意義を見出したいです。


 閑話休題。


 先日ご紹介しました、intelのNUCの続報です。


 ご紹介しましたように、手持ちのパーツでほぼ補えたので追加の出費は殆どありませんでした。メモリーの流用が出来たのが一番大きかったです。DDR3の通常電圧のタイプのは、手持ちの他機種で使っていたので…。今は低電圧版が多く売っていますから、新規で購入するのでしたらNUCには手を出さなかったと思います。


 組み立ては本当に三十分もかかりません。内部のパーツはノートパソコンのそれですし、元々ほぼ完成品に近い状態なので、とても自作とは言えないものです。


 OSのインストールもさっさと終わり、外部ディスプレイ用の画像や動画閲覧専用になりました。小さいので邪魔にならずいいものです。流行っていた当時は殆ど興味がなかったのですが、いつもながら周回遅れですね。それにしても安かったな…。一時期一万円を切る値段で叩き売りしていた残りだったのでしょうか?



 さて実戦配備に当たって問題が二つ。

 _酸悉侘呂ない→動画やDVDを見る時に音が聞けない。
 USB端子が三つと少ない→キーボードと光学ドライブで残り一つになってしまう


 ディスプレイにスピーカーが付いておらず、且つHDMI入力にも非対応です。元々ビジネス用途向けのものなので仕方ありません。ただNUC本体に音声出力がないのは意外でした。HDMI接続なら音声も映像も一緒ですから、問題にならないのでしょうが…。

 因みにこのDC3217BYは有線LANの端子がない代わりに、Thunderbolt端子が付いています。Macで使っているとか?聞いたことはありましたが、対応機器は見たことがありません。ただ調べるとMini DisplayPortとも兼用出来るようです。ディスプレイの入力端子が三つ、DVI-DとDisplayPort・アナログのD-subです。前者二つを有効に使えるわけです。



 怠け者御用達のAmazonから仕入れた変換ケーブルです。安い…。

 ただ音声はまだ出ません。ディスプレイにDell純正のスピーカーが付けられるようですが、そこまで投資したくありませんでした。



 代わりに入手したのがこれです。


 USB端子を音声入出力の端子に変換するケーブルです。古いものですが、Windows7 64bitでも普通に使えます。





 これに外付けのスピーカーを付ければ音は問題なく出ました。




 NUC自体小型なので、外付けの光学ドライブケースの上に置いて目立ちません。ディスプレイの裏に付けることも考えましたが、操作がしづらいので止めました。



 △量簑蠅蓮⇒召辰討いAC電源付きのUSBハブを使って無事解決!中古で買ったDellのキーボードにも二つUSBポートが付いているので、マウスなどはこちらからつなげます。配線も整理してすっきりしました。




 配線がごちゃごちゃしていて汚いですが、こんな感じです。




 大抵ここで済んでしまうようにはしました。デスクがイマイチですが、あるもので揃えるとこんなものです。後はセンスの問題ですね…。






 
 またの機会にレビューでもお伝え致します。























Powered by
30days Album