ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2017.03.24 Friday

『地球に優しい低スペックPC愛好会(仮称)』再開? intel NUC BLKDE3815TYKH0E

 こんばんは。

 

 三月ももうすぐ終わり。気持ちの切り換えをしようとしています。明日から二連休ですが、有意義に使いたいですね。

 

 ちょっと私事ですれ違いがあり、どうしようかと考えているところでした。出来る限り言葉で話すことで、拙いながらも伝えられたらと思っていますが、年齢を重ねるとお互いペースが違うものです。少し様子を見たいと思います。私の気持ちもまとまらないですし。

 

 

 

 

 閑話休題。

 

 

 

 

 さて自称の工作も初心に戻ろうかと思っています。聞こえはいいのですが、要は個性的なものが手に入ったのです。いつぞやの赤NUCの後、久し振りのNUCです。

 

 

 正方形のタイプではないですね。intel製のでこういうのがあるのは知りませんでした。

 

 

 軽そうで結構ズッシリした重さがあります。これは組み込み機器向けのNUCで、BLKDE3815TYKH0Eと言う型番のものです。

 

 載っているCPUはAtom E3815です。型番の響きからいうと速そうな気がしますが、今時珍しいシングルコアの1.45GHzのものです。TDPが5Wと低く、何とファンレス機です。一度NECのシンクライントをジャンクで拾ってきましたが、使えずじまいでした。これでもWindows7/8.1も入るみたいですから…。うーむ、intelらしからぬキワモノ感があります。

 

 

 

 

 立てても設置可能です。ついでにVESAマウントも可能です。大きさはNECの無線LAN親機と同じ位の大きさです。これは家庭内サーバーを立てる為に使うしかありません。

 

 

 

 スペック的には一時常用していたCeleron 723より遅いです。intel HD Graphicsが載っているので、表示や動画再生はこちらに分がありそうですが、とても常用の端末にする気はしません。

 

 ただこれこそ活動休止していた『地球に優しい低スペックPC愛好会(仮称)』の為にあるマシンではありませんか!!と適当な言い訳を付けつつ、Linuxでも入れて試してみたいと思います。他でも個人では殆どレビューがないので、興味半分で始めてみます。幸いパーツも低電圧版のメモリーさえ揃えば出来るだけの在庫がありました。

 

 

 

 

 

 

 そんなこんなのご報告でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.03.17 Friday

これまでのベンチマーク記録(23) Core i5 4200U

 こんばんは。

 

 ボーッとする間もなく、刻一刻と毎日が過ぎていきます。こうして歳を取っていくのですね。子供が日々大きくなる訳です。世の中上手く新陳代謝が出来ているのだなぁ〜、と妙に感心します。その割には相変わらず短気だったりもしますが。成長する機会は自分で掴み取れ、そう思うようにしたいです。

 

 

 

 

 閑話休題。

 

 

 

 

 さて、hp EliteBook 840G1をメインに切り換えて数日。以外に馴染んできました。アイソレーションキーボードも、打ち間違いは相変わらずですが、徐々に改善してきています。キータッチでたわまないのがいい所ですね。底付き感?と言うのでしょうか、キーストロークが浅いのは仕方ないのでしょうね。

 

 

 恒例のベンチマークです。二世代新しくなって通常電圧版から低電圧版になった差は、普段の使い勝手では殆ど違いを感じません。省エネ指向はバッテリーの持ちに効いているので、実質の性能が落ちなければ御の字でしょう。

 

 

 

 うーん、遜色ないですね。速くはならなくても遅くはならない、複雑なところです。買い換えが進まない訳ですね。

 

『実用的な性能の最低ラインはCore i第一世代のi3位』という表現を、他のサイトで見たことを覚えています。それを思えば私の用途(ブラウジングやメールの送受信・時々画像の編集など)には十分すぎるのでしょう。

 

 

 

 WEIもプロセッサの値が7を割る以外は、全く隙がありません。メモリーの値が高いのは、チップセットが新しいからでしょうか?SSDも今回余裕があるので、安心して使えます。因みにX220のSSDは残り10数Gを残すのみです…。よく頑張ってくれました。

 

 

 

 

 今話題のRyzenも面白そうです。色々選択肢が増えるのは嬉しいですね。これ以上パソコンを増やす予定はありませんが、ハードウェアの目を引く進化も見ていても楽しいです。機会があったら試してみたいです。

 

 

 

 

 

 ※よくよく840G1を見てみたら、見つけました!SDカードのスロットです。

 

 

 上手いこと、フォルムを崩さないようにカバーされていました。ただ差し込んでもカチッと嵌め込まれた感触のないもので、ちょっと違和感を覚えています。

 

 ただ外付けのリーダーを一々付けなくて良くなったので助かります。やっぱり無い訳無いですよね…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.03.14 Tuesday

やっと実用開始です。 hp EliteBook 840G1

 こんばんは。

 

 夜勤明けのお休み、一日目です。恒例の雨男です。ゆっくり休めたので良しとしたいですね。最近雨が少ないので、お世話になっている方の畑も困っていると、昨晩お邪魔した時に聞きました。恵みの雨ですね。

 

 

 

 

 閑話休題。

 

 

 

 

 

 以前からメインのX220の乗り換え先をセッティングしていること、お知らせしていました。一番何が面倒かというと、ソフトの設定だというのは今までのことからわかっていました。それもあって滞っていましたが、新年度前にどうにか間に合いました。

 

 ハード的に近く、使い勝手と堅牢性・Windows7運用可能…、となると結構限られます。結果的にこの機種にしました。

 

 

 

 hpのパソコンです。EliteBookで薄型モデルの840G1です。CPUはCore i 第四世代(Haswell)、Core i5 4200Uです。

 

 使い勝手で譲れなかったのが、トラックポイントの存在です。ThinkPad以外で採用しているのは、企業向けのDELLかhpのモデルでありました。最近hp続きではありますが、そこそこコストがかかっていて、且つメンテナンス性も良好なのはこのシリーズがちょうど良かったです。メーカーからメンテナンスマニュアルも出ているので、その辺も加味していました。因みに指紋認証もあるので、管理が楽です(指紋の認証も気持ち素早い感じです)。

 

 

 超低電圧のCPUになってしまいますが、ご時世的には仕方ないです。メモリーもDDR3Lと低電圧のもので、今までの在庫が使い回せませんでした。X220の16Gは多すぎたので、これには8G載せています。

 

 キーボードもアイソレーションのものになって、打ち加減も大分違います。誤入力が結構目立ちます。これは使い込んでいくことで慣れていくしかありませんね。

 

 

 

 トラックポイントは違和感なく使えます。手前のタッチパッドは無効化出来るので、設定を変えています。金属製のパームレストがヒンヤリします。

 

 

 大きめの14インチにしたのですが、解像度もHD+(1600×900)と程良く広くなりました。これは使いやすいです。ただ液晶そのものはTNで、以前のIPSに比べるとぼやっとした映りです。色味も設定していますが、まだ煮詰められていません。ノングレアのものなので、交換する必要も無さそうです。

 

 

 

 素っ気のない外観です。勿論中古品なので、そこそこ使用感はあります。ただ指紋もさほど目立たないので、個人的には気に入っています。

 

 

 

 

 

 裏面が特徴的ですね。一枚だけで開閉には工具不要です。バッテリーも内蔵式ですが、交換も可能です。予備の新品も購入済みです。UltraBookのように薄さ最優先ではないのが、大分助かります。SSDの交換もごく容易でした。

 

 

 唯一今までに無いものが、SDカードなどのリーダーが内蔵していないことです。外付けで対応しています。USBも歴代のノートパソコン初めての標準でUSB3.0ですが、残念ながら対応機器を殆ど持ち合わせていません。

 

 

 

 

 このブログの文面も840G1で打っていますが、手が冷たいのとキーボードの違和感がある以外は快適です。私の用途ではこの構成で十分です。そのうちベンチマークの結果もお知らせしますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.03.10 Friday

HDDを増設しました。 DELL Optiplex 3020 SFF

 おはようございます。

 

 毎日あっと言う間です。最近夜がウソみたいによく眠れますので、以前よりは楽になってきました。変な悪夢も見なくなりました。気持ちが切り換えられると良いのですが。毎日していることはここ二〜三年、殆ど同じです。パターン化することで、安定するものなのでしょうか。

 

 

 

 閑話休題。

 

 

 

 先日ジャンクでもらってきたDELL Optilplax 3020 SFFです。こぢんまりしたサイズに、必要十分な機能が備わっていて好感が持てます。ATXサイズのものは手を加えるには楽ですが大きいです。メーカー製のものは上手く作られているものだな、と改めて実感しました。

 

 

 気になっていたのは、内蔵のストレージが余っていた80GのSSDのみだと言うことです。Windows7 Professional 64bitをインストールしましたが、データを保管する領域が足りないのです。自宅に余っていたノートパソコン用の7mm厚のHDDが内蔵出来ないかを考えていました。

 

 

 電源周りとSATAのポートがまず足りません。前者はSATA用から分岐するケーブルで間に合います。後者はPCIe×1接続のSATA増設ボードを手に入れました。SATAのコントローラーの相性などがあるようで、結構迷いました(値段の面でも)。ASMedia製のが良いようでしたが、結局Marvell製を搭載のものにしました。

 

 RAIDを使う予定はありませんが、まぁいいかな?

 

 

 

 安心のヨドバシも最近パーツ類の店頭販売が寂しくなってきました。これは中古格安で手に入ったものです。ロープロのブラケットが付属しているのも条件ですね。ボード自体はもう内蔵してしまって、撮影しておくのを忘れてしまいました。

 

 

 最大の問題はケーブルの取り回しと、HDDの固定の仕方です。悩みに悩んでこの位置にしました。

 

 

 何か斜めになっていますが、こう付ける以外に方法がありませんでした。部品箱に余っていたノートパソコン用のHDDマウンターを加工して付けた上で、HDDの固定穴をステーと合わせてみました。厚みも蓋が閉まるギリギリでした。

 

 電源の横で熱が心配です。浮かして付けてはいますが。

 

 

 

 筐体との接合は、タイラップ止めにしました…。強度も十分で、いつでも外せるのがメリットでしょうか。見た目は…、気にしないことにします。そっと蓋を閉めました。

 

 SATAケーブルの取り回しが面倒でした。増設ボードから出ているポートの向きが平行、ケーブルも固いので、あまり短いものでは接続出来ません。L字のコネクターは一見便利ですが、狭いスペースでやりくりする際には邪魔になるものですね。

 

 

 しばらくこれで使ってみます。温度を見てみても、10℃台後半と外気温が低いのも加味しても問題無さそうです。そのうち速度も測ってみたいですね。

 

 

 

 

 

 何と言っても車やバイク用にストックしていた、汎用のステーが使えたのが一番の驚きです。ネジの径もぴったりだったのです。面白いものです。

 

 

 

 

 

 

 

 そんなこんなの工作のご報告です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.03.06 Monday

忘れていたヘッドフォンアンプを手直し。 audio-technica AT-HA2

 おはようございます。

 

 もう三月、あっと言う間です。先月も公私共々色々ありました。

 

 仕事ではちょっと寂しい気もしましたが、私のような初心を忘れがちな者には適切な処置だとは思っています。新年度から気持ちを入れ換えて頑張りましょう。そう切り換えると、今まで気になった些細なことがどうでも良くなります。不思議なものです。

 

 

 

 

 閑話休題。

 

 

 

 

 さて、一年中片付け(と言う名の在庫整理)をしています。昔入手して部品箱で眠っているものも結構あります。先日は車の配線の修理で大活躍しました。それはともかく、長距離ドライブ用に膨大なMP3データを余剰のスマホに移して、車内で使えるように準備をしています。FMトランスミッターも音質の低下は仕方ありませんが、混信などで使い勝手はそれぞれでばらつきがありますね。細かく設定が出来るものが手に入ったので、それを元に準備しています。

 

 

 通勤の行き帰りでも、テストを兼ねて聴いています。CD WALKMANに比べるとやっぱり音の広がりに劣る気がします。圧縮音源ですし仕方ありませんが、便利さには勝てません。ただヘッドフォン端子から聴く音質が、ちょっとしょぼいのが気になっていました。イヤフォンも余り物なので仕方ないのですが。

 

 巷ではポタアンなる携帯出来るポータブルのヘッドフォンアンプが売られていますが、実験用にそれを買うのは勿体ないです。そう思っていると、以前ジャンクで購入したACアダプター駆動のヘッドフォンアンプのことを思い出しました。audio-technicaのAT-HA2です。

 

 

 既にネジ三本を外して中の基板を出しています。もっと前にシースルーの筐体のAT-HA20も使ったことがありますが、想像以上に音質の向上はありませんでした。これは最廉価機だけあって、小型で一切装飾のような類はありません。

 

 不具合はボリュームの酷いガリ。手に入れてからグリスを付け直したりしましたが、改善が見られなかったものです。

 

 

 この類のものは外して分解出来ればいいのでしょうが、半田ごてを使うのが大の苦手な私は隙間から接点グリスを注入したりしていました。久し振りに聴いてもすごいノイズです。

 

 逆に思い切って中途半端に詰めたグリスを、パーツクリーナーをかけて洗い流しました。するとほとんど気にならなくなる位にガリがなくなりました。うーん…、本当に大丈夫?

 

 

 もう一つ不具合箇所がありました。後ろのACアダプター差し込み口が一部ヒビが入っていました。瞬間接着剤で再度補強しました。あまり力がかからないはずのところですが?

 

 改めてACアダプターを見ると…。

 

 

 15V出力と思ったより大きいです。てっきり統一極性タイプのものかと思いきや違いました。型番がAD1503J、15V/300mAです。出力は5Wですか(物理は苦手でした…)。

 

 ただ情報を探っていると、『ノートパソコンのACアダプターでも駆動可能』ということが。確かにその方が電源的にも余裕がありそうです。うちの部品箱には流用出来るようにACアダプターのストックは沢山あります。

 

 

 同じ15V仕様のものが出てきました。KING JIM?EPSONとも書いてあるので、やっぱりノートパソコン用でしょうか。何と差し込み口も全く同じでした。15V/2.7Aです。出力は40.5Wですか、大違いです。『大は小を兼ねる』だからいい?

 

 これが付属のアダプター。

 

 

 これはKING JIM銘のアダプターです。

 

 

 うーん、不思議な位ぴったり。

 

 

 結局最終的にこんな形になりました。

 

 

 コンパクトな本体を上回るACアダプター。アンバランスですが、差し込み口の作りもKING JIMの方が良いです。再度不具合も起きにくいでしょう。

 

 

 肝心のACアダプター毎の音の違いですが、ガリが無くなったことが一番で、私の耳では顕著な違いはわかりませんでした。小さい割に結構ボリュームの出力が取れるように思います。

 

 

 

 

 

 

 こんなことに昨晩と今朝に凝ってしまうのも、思いつきで生活しているいい例ですね。とにかく幸先は良さそうなので、今日の休みは有効に使いたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.02.11 Saturday

また一台増えてしまいました…。 DELL Optiplex 3020 SFF

 こんばんは。

 

 久し振りに暦通りのお休みをもらっています。やっぱり上司が替わると、ちゃんと公平に配慮してもらえるものですね。ありがたいことです。

 

 ただ最近、職場での人間関係に迷いを感じています。せっかく環境が良くなったのに、私一人が我を張っても仕方ないのですが。私事で一区切りがついてから、どうも心身のバランスが崩れている気がします。まず身体の疲れを十分にとって、悪循環を断ち切りたいです。

 

 

 

 

 

 閑話休題。

 

 

 

 パソコンの在庫を複数処分したばかりで、先日もまた二台仕入れてしまいました。hp ProBookは、Linux Mintの練習用で使っています。ネットのブラウジングやメールのやり取りなどは、Windowsとほぼ同じ環境で使えます。さほど違和感もないのには驚いています。メイン使いにするにはちょっと難しい気がしますが、今後幅広く使えるように使い方を覚えるつもりです。

 

 

 先日たまたま出掛けると、また出物が待っていました。

 

 

 レジの側に置いてありました。他に二台スモールタワーのケースもありました。ちょうど開店直後、店内は私だけです。『また来たな…』と思われているかな?そんなことを感じていました。

 

 これは省スペース型のものです。先日お見せしたマザーボードの動作確認で、テスト用の電源とケースがないかなと思っていたのでチャンス!三台を順番に持ちましたところ、これだけが重かったのです。

 

 「まさか具入り??」

 

 

 

 他の二つは電源だけ入っているようです。隙間から見ても、中はほぼ空でした。軽い訳です。ただこれはズッシリ、手前の光学ドライブが抜かれていたので、隙間から覗いたところマザーボードらしきものが入っています。

 

 

 また抱きかかえるようにして、奪い取るように帰ってきました。店員さんの視線が痛かったです。

 

 

 

 

 この手のメーカー製のデスクトップは、電源や基板が独自規格らしいとは聞いていました。ただ分解したりするには十分です。あわよくば、自宅の余剰パーツで動くかもしれません。第二世代か第三世代辺りのCore iかな?と思っていました。

 

 持って帰ってきた時そのままの画像です。ただよく見てみますと、既に私の読みは脆くも外れています。Core i3のエンブレム、第四世代のものです。でもタダだったから、いいのです(言い訳)。

 

 

 

 型番はDELL Opltiplex 3020です。職場のデスクトップもこれの一個前の3010なので、見覚えがありました。よく見ると若干スリムで、光学ドライブがノートパソコン用のスリムラインになっています。これの在庫は沢山あります。

 

 

 いよいよ開けてみます。

 

 

 何とも無造作な感じです。やっぱり電源やCPUクーラーも独自規格でした。ただCPUとメモリー・光学ドライブを抜いただけのような感じです。親切なことに、CPUのソケットにはちゃんとボール紙で保護がされていました。本当に良いお店です。下向きに生えているSATAケーブルがいかにも!ですね。配線やステーなどの欠品はありませんでした。

 

 

 DDR3のメモリー自体は余っていたのですが、さすがにCPUなしではBIOSも拝めません。メンテナンス性は結構考えられていて、ストレージなどの交換は楽です。

 

 余っていたSSDを付けつつ、先日のでかいヒートシンク付きのメモリーを挿したところ、ヒートシンクの厚みが悪さして上手く組めません。SATAケーブルに干渉してしまうのです。

 

 それでヒートシンクを外そうとして、あんな事態になってしまったのです…。

 

 

 あーあ…。勿体ない。1Gの動作確認用のメモリーでしたから、まだ諦めがつきましたが。最近パーツ自体が新品・中古問わず値上がりしてきたので、こうした在庫は貴重なのです。

 

 

 教訓:無理をしない(当たり前だ!)。

 

 

 ヒートシンク無しで両面実装のメモリーと、Haswell世代のCPU(Celeron G1820)が、こういう時に限って格安で手に入ってしまうのです。タダでもらったものに、お金をかけるのもまた悪い道楽癖が出てきました。

 

 

 

 結果、あっさり復活しました。

 

 こうして用途も考えていないパソコンがまた一台、自宅に増えてしまったのです。合掌。

 

 

 我ながらアホだな〜、とは思いますが。これも抗えない性なのでしょうね(ウソ)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなこんなの、どうでも良い顛末でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.02.02 Thursday

もう二月ですね。

 おはようございます。

 

 こんな時間に更新、実は昨日風邪で仕事を休みました。病院にかかりましたが、インフルエンザも流行っているそうです。幸い熱も上がらず、今日一日で体調を整えたいです。外は晴れていますが、風が強く寒いです。それにしても一人と寝込むと心細いものです…。

 

 

 閑話休題。

 

 

 

 早いものでもう二月、正月気分も味わえたのかわからないままですが、カレンダーをめくると実感しますね。二月は短いから例年あっと言う間です。あれよあれよと新年度になってしまいそうです。

 

 私事のいざこざも無事解決したので、これからは前向きに過ごせたらいいなと思っています。ただ今回みたいに気を抜くと、ガタッと体調に響くのだけは避けたいです。

 

 

 

 おまけといいますか、こんなものを…。

 

 

 えー、何をしてこんなことになったのでしょうか。

 

 取付のスペースの関係で、DDR3メモリーのヒートシンクを取ろうと思ったらこんな有様に。表面実装のチップって、こんなにも簡単に剥がれるのですね…。実はもう一台新しく生やして(?)しまった過程での出来事です。それはまたの機会に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.01.30 Monday

細かい作業は苦手です。 GIGABYTE GA-Z68X-UD3H-B3

 おはようございます。

 

 夜勤明けで頑張って起きていたおかげ?か、朝型の生活に戻りました。朝は五時前からすっきり目覚めました。まだ日の出はまだでしたが、一日有効に使えそうです。生活に少しリズムを付けたいです。

 

 

 

 閑話休題。

 

 

 

 先日紹介したジャンクPC二台は、Linux運用機として使うことにしました。

 

 ただネットブックの方は、軽量ディストリビューションを選んでインストールしても上手くいきません。以前使ったLinux Beanも色々設定を変えても、インストール出来たかと思っても何故か起動出来ません。Linuxは自分で調べながら使うようなものだとはわかっていますが、今はスキルと経験不足で難しいですね。

 

 因みにProBook 4520sには、Linux Mintを入れて使っています。インストールも一発で成功、バッテリー駆動時に電池の残りが少なくなると何故かクラッシュしますが、他は比較的安定して使えます。Open Officeも入っていますが、Linux版のKing Officeも入れています。Microsoft謹製のものとの互換性がこちらの方が高いので、Windows版も愛用しています。Windows7のサポートが切れた後の選択肢を増やせれば…、と思っています。

 

 

 ところで以前捕獲してきたマザーボードがありました。SandyBridge世代のZ68チップセットの載っているものです。

 

 

 GIGABYTE製のGA-Z68X-UD3H-B3です。ジャンクの理由は定番の『ソケットピンの曲がり』でした。巡回のお店のよく話す店員さん曰く「折れに近い状態」と、わざわざ開けて見せてくれました。Z87-Aの時よりマシでした。

 

 しばらくやる気がなかったのでしまっていましたが、今日の起きがけに挑戦してみました。

 

 

 ピンは三本曲がりがありました。うち二本はほぼ180°曲がっていました。ピンポイントに何故二本だけ曲がっているのかがわかりませんが…。今まではなぎ倒された田んぼの稲穂のような状態のものばかりだったので。作業に必要なアイテムは、画像にある虫眼鏡とルーペです。フィルムのチェック用の八倍のルーペも使えないかと思いましたが、覗くだけならまだしも隙間から針を入れて弄れないので駄目でした。

 

 

 LGA1150も同じでしたが、LGA1155のピンも細くて繊細です。ただ以前の時より直すピンの数がずっと少ないので、何とかここまで持ち直しました。欲張って完璧を期すより、他のものとほぼ同じ向きに戻せば前回は動きました。ピンを折ってしまっては元も子もないので。どこを直したかわかりますでしょうか。多分これで動くはず?

 

 

 因みに動作確認用にCeleron G440を別途手に入れました。これ、デスクトップ向けのCeleronで最後のシングルコア・シングルスレッドのCPUです。性能は調べる限りサブのE-350より劣るようですが、別の意味で珍しいので捨て値のものを購入しました。

 

 

 

 問題は動作確認するにはまだ足りない物があることです。電源、余っていないんです!CPUのクーラーもないし。巡回の時に気長に探しますか。

 

 

 

 

 

 

 

 作業時間約一時間、休みの一日の幸先としては良いことだと思います。今日も一日、穏やかに過ごしたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.01.21 Saturday

思わずジャンクのノートパソコンを押さえてしまいました。

 こんばんは。

 

 仕事とプライベートが繁雑だった一週間でしたが、今日でちょっと一息です。昨日の午後から雪交じりで、大寒らしい天気でした。今日は雪こそ降りませんでしたが、空気も風も冷たく冬らしい一日でした。

 

 明日の休みを考えると、今が一番ホッとしている時間です。

 

 

 

 閑話休題。

 

 

 

 ここ二〜三年で力を注いでいたパソコンの修理・セッティングも、昨年末から在庫を放出しつつ縮小しています。メインのX220が使い勝手も性能も、今のところ不満がないのはすごいことです。

 

 ただSSDの容量もギリギリになってきたのと、丸二年以上ほぼ毎日使っていることもあって、そろそろ新しい環境に移行しようと考えています。スマホやタブレットの台頭で、新品中古とも出回っているノートパソコンの球数が少なくなっており、巡回コースからもジャンク品が以前から比べると数が激減しています。

 

 メインのマシンは昨年末にセッティングが済んでいる機種へ近日中に移行する予定です。プライベートでの書類作成などでの環境を第一に使い続けてきたのが、その役目を終えたのもあります。ただX220に比べると、キーボードや液晶などで見劣りするのが難点でしょうか…。

 

 

 ただ何も期待しないで行く時に限って、予想外のものと巡り会うのは以前と同じです。ここ十日ばかりで、また買ってきてしまいました。

 

 

 おぉっ!買ったばかりの状態なので、指紋が目立ちます。ただ状態自体はかなり良かったので、大分綺麗に仕上がりました。

 

 機種はわかりますか?昔使ったことがある98noteにそっくりです。これはHDD抜きと書いてありましたが、入っていました。ただ認識しないものだったので、BIOSだけ見てそのまま売りに出したのでしょうか?

 

 

 

 

 これは一週間で値下げしていたものです。裏のCOAを剥がして、値下げしていました。ちょっと悩みましたが、WLAN不良ならhp縛りの無線LANカードの在庫があったので、追加出費無しで修理出来る見込みで買いました。

 

 このいつも行くお店、数ヶ月前まではジャンク箱数個にいっぱい、ノートパソコンが詰めてあったのが最近は数台のみです。店員さんに聞くと、『新年のセールで福袋に詰めすぎた』そうです。中古・ジャンクのパーツ自体が殆ど無いようです。

 

 

 ただこのhpの機種、開けてよくよく見ると以前使っていたCompaq 620に作りが似ています。キーボード周りなんかが特に。ProBookの立ち位置がビジネス向けの廉価帯ともあって、その辺がかぶるようです。見た目はアルミ張りで質感はまずまずです。因みにこれも復活しました。まだ各社各機種、個性があった時期の最後尾に当たる世代のものです。

 

 

 

 

 

 せっかく整理したのに、また増えてしまいました!嗚呼、我ながら困ったものです。

 

 詳細についてはまた追ってご報告します。そんなこんなの、今日この頃です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.01.17 Tuesday

一つ大きな区切りが付きました。

 こんばんは。

 

 リフレッシュしたかと思えば、また日常に戻ると慌ただしい日々です。こんな毎日が続くものと思っていましたが、昨日大きな区切りが付きました。今まで自分で始めたことがやっと実を結んだのです。結果は私の望んでいたことが大体汲んでもらえた形とはなりました。ただとても疲れました。張り詰めていたものが急に緩んで気が抜けたのでしょう。

 

 正直急に終わるとは思わなかったので、今もどこか実感の無いままです。これからもしばらく続くものと思って臨んだのが、決まる時は急に進むものですね。取り残されたような感じがします。

 

 

 『時間が止まっている』、そう言われました。それはお互いのことでもあります。私の中では子供は三年前のままで止まっています。日々成長しているのに目を背けているのかもしれません。

 

 

 

 これからは気持ちを切り換えて、新しい事に取り組めると良いなと思っています。

 

 

 それにしても、地元に帰った後に大きな転機があるのはこれで二回目です。お墓参りをしたことがあるのかもしれませんが、何か導かれるものがあるのでしょうか?そういったことにはとんと無頓着なのですが、少し感じるところがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Powered by
30days Album