ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2014 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2014.09.13 Saturday

すっかりメイン機の座に。 ThinkPad X220i

 おはようございます。

 昨日は出入りも多く、また身体を動かす機会が多かったので、今日は寝坊するつもりでした。ただやっぱり六時半前には目が覚めてしまいました。生活習慣と言いますか、貧乏性と言いますか…。とりあえず天気が良いので、洗濯をしている最中です。


 さて『地球に優しい低スペックPC愛好会(仮称)』の裏切り者として、隠遁生活を送っております私ですが、X220i自体手の加える必要がないほど、高速で快適です。

 CPUやマザーボードの世代が新しいことから、より最近のパーツが使えるのが魅力です。メモリーは以前買いだめしていたものを流用できます。


 元々入っていたHDDは7mmの薄型。これの在庫は我が家にはありませんでした。動作は問題なさそうですし、見てみれば7200rpmのもの。

 ただSATA3のSSDの速さが試してみたかったので、値段もこなれてきており定番の東芝製採用のものを新品購入しました。


 128Gで容量的には十分です。これで八千円少々ですから、安いものですね。敢えて中古を選ぶメリットがありません。


 元々のHDDと比べてみました。


 CPUこそi3で抑えている仕様ですが、HDDも高速ですしBluetoothも載っています。前のオーナーが考えたパーツの配分が好ましく思えます。


 恒例の体重測定です。まずはHDDの方から。


 そんなに重くは感じませんが…。




 SSDと比べるとずっしりとしています。約半分の重さです。地味な軽量化にも貢献しますね。


 CPU-Zで見るとこんな感じです。しっかりSpeedStepが効いております。因みにバッテリーは4cellの薄型ですが、SSD化の影響もあってか満充電でソフトウェア読みで二時間持つようです(まだそこまで外で使い込んでいません)。通常電圧版のCPU搭載にしては上出来な感じがします。



 当初の7200rpmのHDDでのWEIのスコアです。回転数が速いので、体感上もスコアの上でもさほど遅くないですが…。



 SSD搭載後のWEIのスコアは以下です。


 言わずもがな、といった感じです。


 いつものベンチマークの結果は、以前にもちらっとお見せしましたが、SSDの読み書きの値が桁違いです。SATA3だとこんなに違うのですね。



 そんなわけで、ひとまずは満足しました。環境の移行も終え、実戦配備につきましたが、一つだけ気になっていたことが。動画やディスクイメージの保管するスペースが足りないのです。OSとOffice互換ソフト・画像編集のソフト・その他必要最小限のブラウザやメーラーなどを入れていますが、半分弱は容量は残ります。

 ただこれにいつも見ている動画などのファイル群を入れると50G近く取られてしまいます。USBメモリーで見ても良いのですが…。


 X220にはmSATAと言う、Mini PCI Expressと同じ端子のものが付いています。これにSSDが載せられるとか。ものによってはBIOSの改変が必要だと言うことです。

 データの保管を目的に、選択肢は少なかったのですが、これも新品で購入しました。


 無線LANモジュールと同じ感じですね。ただ需要が少ない為か、容量比で考えると割高でした。

 取り付けはごくごく簡単、以下のようです。ごちゃごちゃはしていますが。 





 そんなわけでゼロスピンドルのX220iが完成しました。


 キーボードも摩耗があったのと、キータッチが今一つだったので換えました。

 キータッチもソフトながらしっかり打てるものです。また特に便利なのが、指紋認証です。X200sのものより進歩していて、電源オフやスリープ状態からの状態から、OSのログインまでを一括で済ますことが出来ます。読み取りの精度も上がっていますし!





 偽X201も良い機種ですし、安定感抜群なのですが、この速さを知ってしまうとちょっと戻れません。罪悪感に苛まされつつも、毎日使っている次第であります。

















 

2014.09.09 Tuesday

電池の消耗が予想以上でした。 CD-ROM Discman PRD-650 

 こんばんは。

 季節の変わり目で寒暖の差が身に染みます。やっと暑さに慣れた頃にこれだと、体調がまた崩れそうです。

 相変わらずギリギリの感じですが、当分はこのままでしょう。恐らく心身共に。



 さて、先日寝床用に実戦配備した変わり種のCDプレーヤー『CD-ROM Discman PRD-650』の使用感の続編です。

 操作性などは問題ありませんし、結構出力も大きいようでアンプなしの外部スピーカーに繋いで、枕元で流しています。振動での音飛びは当然ありますが、持ち歩かないので問題にはなりません。


 ところが気になることが。単三電池四本仕様のバッテリー駆動ですが、CD一枚流しっぱなしで、眠ってしまうこと二晩か三晩。既に電池切れです。eneloopを使っていましたが、再度充電しても同じように電池の持ちが悪いです。

 元々外部のCD-ROMドライブとしての設計だから、仕方がないのかもしれません。


 手持ちのACアダプターを探してみましたが、極性統一のプラグの6Vはありませんでした。DiscmanとかMD Walkmanは4.5Vか3Vでした。


 部品箱をあさっていたら、こんなものが出てきました。いつぞや部品屋で買った変換アダプターです。


 黄色の端子から極性統一のプラグ変換に使えるな、と思って買っておいたものです。200円かそこらでした。



 電子工作好き必携の可変式ACアダプターと合わせてみました。


 出力こそ少なめですが、手持ちのものでは一番カバーしているVが多いものです。6Vに合わせて、先端が+にセットしたものと組み合わせました。




 すると、すんなりPRD-650に接続できました。動作も問題なし。これで電源問題も解決です!



 やはり動作品とは言え、何かしら一工夫は必要ですね。それが楽しみだったりするのですが。またこんなあまり役に立たないことをぼちぼち続けたいと思います。























2014.09.05 Friday

プチ光学ドライブマニア? Pionner DVR-S16J

 おはようございます。

 今日は夜勤です。最近気持ちがどーんと落ち込んでしまい、半ば惰性で動いています。仕事ではどうにか使命感と言いますか、背中を押してくれるものがあるので頑張れますが、自宅に戻ると木偶の坊です。

 
 メインのPCがX220iにすんなり落ち着いてしまい、組んだパーツの動作状況や使い勝手を見ていますが問題ありません。設計の世代が違うのと、新しい規格のパーツが使えるだけでこんなにも違うのか…。古い機種に拘泥する理由が無くなりそうです。

 ただこの後継機種X230以降は、キーボードもトラックポイントも徐々に改悪されていますし、どうも手が加えにくそうな他のメーカーと変わらなくなりつつあります。バックドア疑惑とかささやかれたりもしますが、LenovoのThinkPadで道具として信頼して使える最後の世代かもしれません。

 ivyもHaswellも速いのでしょうが、省電力とグラフィックの強化がメインと聞きます。かつてSandy BridgeのCPU刺し換えに凝っていた時に気付きましたが、i3でもモバイルの通常電圧仕様なら特に不満を感じる場面はありません。ベンチマーク上の値やターボブーストでの一時的な瞬発力が必要でなければ。



 さて先日R500にBlu-rayコンボドライブを載せたことは、ご報告したとおりです。ただDVD鑑賞は外付けの5インチのドライブケースに入っているUSB接続のものを使っています。

 LGのBlu-rayドライブで不満はありませんでしたが、動作がより静かで安定性をと考えると、メーカーはPionnerが第一選択になりますか。



 バルク品でも機能毎とかで差があってややこしいのですが、DVDマルチドライブで全盛期最終の頃の世代がベターかと踏んで、以前から置き換え用に探していました。


 先日見つかったのがこれです。無いときはないのですが、見つかると立て続けです。



 Pionnerのリテール品のドライブ、型番はDVR-S16J-BKです。勿論中古ですが、付属品全くなしで、格安でした。


 リテール品はベゼルが凝っています。他のメーカーのはロゴが目立ちすぎたり、センスが今ひとつな感じですが、Pionnerのは悪くないと思います。


 取り出しボタンが丸、アクセスランプが緑です。



 -Jが付くリテール品は国内販売向けと聞きますが、生産は中国ですか。アウトソーシングですから仕方ありません。



 元々使っているドライブと交換してみました。慣れたもので取り付けは十分少々。

 でもって、完成型はこんな感じです。


 ケースが塗装の鉄板のみで無骨ですが、色味もベゼルとはそんな違和感はありません。


 

 イジェクトボタンを押すと、結構勢いよくトレーが飛び出します。引き込む際も「ゴーッ」と力強いです。


 ただ昨日の晩、テストを兼ねて借りているDVDをしばらく見た感想。

 ◎動作音が静かです。


 ケースに入っているファンも、大分以前に静かなものに換えたのですが、動作中はファンの音がかすかに聞こえるのみです。読み込みだけですから、速度も急に挙げる必要もないこともあるでしょうが、ケースも全く熱を持ちません。

 これがポータブルのスリムラインのドライブ内蔵のものは、DVD一本観終わるとケース自体が結構熱を持ちます。

 その点の他にも耐久性他も、5インチのドライブの方が信頼性があるようですね。



 ネットでの情報を見ていても、光学ドライブ自体がもうあまり売れないので、新製品自体が少ないです。Blu-Rayドライブは売っていますが、パソコンで視聴するには少し敷居が高いのと、記録媒体にするにはコストも信頼性も個人的には今一つです。


 PionnerのドライブでもDVDマルチは216系までがましだった、とは書かれていたところから、値段的にも物的にも良いものを入手できたのかな?と。



 DVDも見るペースが早く、明日の夜勤明けで観終わったら返しに行けそうです。テストと称して、このドライブで使い続けて様子を見ていきたいです。




 光学ドライブ、消耗品だからと予備も含め結構たまっています。未開封とおぼしきLITEONのDVDマルチに、これまで使っていたLGのBlu-rayドライブ。ポータブルのは読み込み専用を含め四台もあります。もうこれ以上はいいでしょう。






 夜勤に備えて少し寝だめします。

 使っていて気付いたことがあったら、またこの場を借りてご報告します。


















2014.08.30 Saturday

気がつけば動画・DVD再生機に…。 ThinkPad R500

 こんばんは。

 疲れと徒労感・喪失感を埋めるために何かをし続けないと、これから先が全く見えません。勿論仕事は誇りを持ってしたいですし、生活のためと自己実現のために必要です。家族のためという理由が限りなく薄くなってしまいましたが。


 それ以外の何か…。今のところ、身体も何だか今ひとつですし、『趣味:(自称)電子工作』に励むしかない感じです。前にも書いたかもしれませんが、以外に捗ったりするのです。


 この前液晶交換して、光学ドライブのテストとも平行して連日使っていますが、最近はオフラインでのDVD再生専用機のような感じです。



 実はX220iを導入したあおりで、偽X201からの環境移行も意外にあっさり済んでしまいました。今もX220iから打っています。偽X201はあえなく予備役になってしまったのです。因みにX200sは完全にオフラインのデータ管理の端末になっています(SIMロック解除とか、携帯などのデータ管理など)。

 
 そこで前にも追記したとおり、一時期付けたBCM70015をハーフサイズにカットしてR500に装着しました。

 画像はありませんが、元々インテルターボメモリーなるものを付けるスペースが余っていました。これがハーフサイズの為、カットしたのです。うまくできました上に、ソフト上のセッティングもさすがに三台目ともあり、スムーズに出来ました。


 ストレージ上の動画ではほぼ再生支援が効くため、CPUの負荷は二〜三割程度です。


 WSXGA+の画面も見やすく、安定して使えています。




 さて光学ドライブは外付けで、先日お見せしたように積み上げています。


 一番下が外付けケースに5インチのBlu-rayドライブ(LG製)、真ん中がリテール品のPionner製のスリムラインのDVDマルチドライブ。一番上は音楽観賞用のSonyのCD-ROM Discmanです。


 R500内蔵のドライブは以前G570に載っていたSony Optiarc製(AD-7710H)でした。気がついたら会社自体が製造をやめてしまい解散とか…。全く知りませんでした。


 Blu-rayの再生はソフトの問題で難しいのはわかっていましたが、書き込みは5インチのドライブに任せるとして、読むだけでも出来ないか考えていました。

 以前もG570にLG製のBlu-rayコンボドライブ(CT10N)を載せましたし。でもあれはそのまま手放してしまいました。


 こう書いてみると、色々手を出して試しているのですね。



 で、少し前にPanasonic製のドライブを入手したのですが、コンボドライブ自体があまりないのと、光学ドライブの需要が目減りしているので、選択肢が少ないです。

 とある筋から2008年製のコンボドライブ・UJ-130Aを手に入れました。それはいいのですが、何故かTOCの読み込みが異常に遅く使い物になりませんでした。OSでは認識されるのですが、原因は不明でした。ファームウェアーの更新も試みましたが上手くいかず、そのままお蔵入りになってしまいました。



 見た目は何ともないのですが…。レンズクリーニングなどをしてもだめでした。




 さてそうなると安い買い物ではなかったのですが、またひょんなことから前回の約半額で新しいBlu-rayコンボドライブが手に入りました。同じPanasonic製のUJ-141です。



 ちょっとピンぼけ気味で申し訳ありません。


 2010年製と比較的新しい方でしょうか。


 構造的にはレンズが二つ付いているところなど、目に見える変わりは見られません。


 因みにThinkPadのベゼルは特殊で、GBASといった一応の共通の規格のものとは違います。取り付けの突起とかは同じなので、元からのものを流用しています。


 見た目、DVD-ROMドライブです。まさにビジネス仕様ですか。






 これでDVD二本ぶっ通しで見ましたが、全くトラブルはありません。動作音も意外に静かでした。取り付けに使う突起などの樹脂部品を移植するだけで、後はそのまま使えました。普通はこういく筈ですから。

 UJ-130Aでいらない苦労をしたのが何だったでしょうか?




 まぁ、自分の好きな方向で部品交換が少しずつ楽しめるのは、継続できていいですね。R500の無骨で大きな本体のおかげで、放熱もよく剛性もあるので据え置きではもってこいです。



 

 ただベゼルだけは色々余ってしまいますね。



 メーカー毎に色々違うのですね。まぁ、そのうち使い道が出てくることでしょう。










 R500、もう弄るところなくなってきましたね…。ちょっと寂しい感じがします。

























2014.08.30 Saturday

気がつけば増えていました。SIMロック解除済み! Nokia 6680 (Vodafone 702NK2)

 こんばんは。

 もう少し眠気が出てくるまで書いていこうかと思います。昨日のごたごたもおかげさまで話を聞いて下さる方のおかげで、気持ちも落ち着いてきました。

 普段の行ない自体は、決して褒められたものではないのですが、こういう時に他人の優しさとか暖かみを痛感しますね。ありがたいものです。


 さて、以前紹介したNokia 6680 (Vodafone 702NK2)は、SIMロック解除をした上で予備役入りしていました。キーパットがへたっていたのでケースと共に交換したかったのですが、さすがにものが古いため、なかなか見つかりません。


 ただ気付いたら相棒が側に控えていました。


 きれいじゃないですか〜。


 以下同文。


 ウィークポイントはバッテリーが死んでいるので、動作確認できないとのこと。手持ちのものを入れたらあっさり起動。

 今回もいいものを入手してしまったわけです。


 旧来のと比較するとこんな感じです。



 外観は銀のものの方が、ずっといいです。


 ロゴのはがれや塗装のはげもありません。




 それにしてもユーザーレベルでSIMロック解除が出来るのはすごいですね。今回は二回目と言うこともあり、ほとんど迷わずに出来ました。ちゃんとdocomoの電波も拾います。プラスエリアを未対応なのが、山間部を移動する私にはデメリットではありますが、大きさと言い使い勝手と言い、バランスは依然絶妙です。


 ジャパンSIM(Softbank網)を入れて、別回線専用の端末として現在運用中です。







 電池も長持ちするし、動作は速いし、電波の掴みもいいです。3G網が継続の間はローテーション使い回そうかと思います。



 












2014.08.29 Friday

変わり者が枕元に。 CD-ROM Discman PRD-650

 こんばんは。

 今日も節目の一日でした。真剣に話し合って、第三者を介してもほとんど進展がありません。こんな些細なことが大事になってしまったことを今更ながら悔やんでいますが、もう後戻りは出来ないことだけはわかりました。

 過去があって現在、そしていつまで続くかわからない未来。『人それぞれの生と死』、考えてしまいます。


 閑話休題。


 久しぶりに同僚に連れられて、某全国チェーンのリサイクル店に行きました。三〜四年ぶりかもしれません。以前に最後に行ったとき位も、掘り出し物が皆無でした。ジャンクと言いながら、オークションなどの相場を見ての値付けになったようで、昔のような宝探しのわくわく感はありませんでした。足が遠のくわけです。

 今回久しぶりに行った店も、大変きれいで品も整然と揃っていました。リサイクル店とはいえちょっとグレードが違うような感じでした。経営のスタイルを変えたのでしょうか?わかりませんが。



 高めの値付けの中で、昔ながらのジャンクの青い箱の中から見つけたのがこれです。



 噂では聞いたことのあった、CD-ROMドライブのDiscman・PRD-650です。一時期ポータブルCDプレーヤーに凝った時期にいろいろな機種を使いましたが、実用と音質のバランスが一番絶妙な、Sony D-EJ2000だけが今手元に残っています。以前部品の保有期間が切れる寸前にメーカー修理に出したこともあり、現在でも実用です。

 ただ操作系がリモコンに集約されているので、寝床やテーブルにおいて使うには不便なのも事実です。音飛び防止と薄型化・省電力化に進められた結果なので仕方がないのですが、最近まどろみの中でCDを聴きたくて探していました。


 お値段はご覧の通り。以前も同じようなもので同じような価格のものは見たことはありましたが、今回はちょっと違います。



 何と単三電池のアダプター(それもドッキングステーションのような!)が付属です。


 ただのスペーサー然としていますが、専用バッテリーが入手困難なことを考えると大変助かるものです。


 こんな感じで収納されます。eneloopを四本入れてみました。


 外観は薄汚れて多少の傷はありましたが、自前のクリーニングで意外にましになりました。動作もあっさり問題なく。

 誰も目を付けないものなのでしょうね。私が変わり者なのでしょうか。



 完成型。結構きれいになりましたね。

 銘板です。懐かしの感じが漂っています。
 



 電池のアダプターのせいで軽く傾斜が付いていますが、逆に全面の操作のボタンやディスプレイが見やすいです。因みにバックライトはつきません。



 上蓋はあまり大きく開きませんが、実用上問題はありません。



 取り敢えず光学ドライブの山の一角に鎮座しています。


 
 R500の横ですが、現在Pionnerのドライブのテストを兼ねてDVDを連続鑑賞週間です。




 音は単三電池四本も使用のためか、結構心のある太めの音です。操作性もよく無骨な感じで好感が持てます。


 またCD-ROMドライブだけあり、CD-Rに焼いたものも問題なく読めます。これは助かりますね。







 クラシックのCDを聴きながら、そろそろ横になろうかと思います。










2014.08.19 Tuesday

裏切り者!Sandy Bridgeへ回帰。 ThinkPad X220i

 こんばんは。

 『地球に優しい低スペックPC愛好会(仮称)』として、地道に活動はしています。CULVの偽X201で十分ではありますが、実は掘り出し物があって、悩んだ末に一気に押さえてしまいました。


 これです。


 好きですな、"i"モデルが。

 いつぞやのAppleみたいにLCとか付けないのは、センスの違いでしょうか。ピザボックスタイプのMacintosh LCを"Low Cost"と内輪で馬鹿にしていたのは懐かしい話です。スペック至上主義の方の狭量なこと…。



 勿論定番のCeleronだよね?この機種だとCeleron 847かな?パームレストにステッカーがないね。



 違います、スミマセン。Core i3の通常電圧版です。






 だって今不当に高いCore i第一世代搭載のX201より安かったんですよ〜。非アイソレーションで最後の七段キーボード搭載。ThinkPadらしさが残る一番最後の世代です。


 

 使用感は…、速いです。速すぎます。

 ベンチ上では、偽X201とR500を足しても及びません。そんな快適感がますます背信行為を自覚してしまいます。


 ストレージがやっぱり肝かと思います。



 色々ちょこちょこ弄りつつ、今後もご紹介します。


 こういう一点限りの掘り出し物に手を出さずにいられない貧乏性がいけないんだい!!と言うことにして下さい。
































2014.08.19 Tuesday

初めてのリテール品の光学ドライブ(中古) Pioneer DVR-XD08

 こんにちは。

 暑さが帰ってきたかのような一日です。お盆は結構涼しかったですから、なおのこと感じますか。所用を済ませて帰ってきたところです。


 この前出かけた際に仕入れてきたのが、家に何台もある外付けの光学ドライブです。


 パイオニアのは高価なイメージがありますが、ごくごく普通の外観。外付けUSB2.0接続の機種です。

 あわよくば中のドライブを抜いて、R500に内蔵させようかとも思いましたが、残念!ATAPI接続のドライブでした。中身はDVR-KD08、発売が2007年位なので規格もATAPI最後尾辺りと言ったところでしょうか。ベゼルはGBASで互換性がありました。


 綺麗です。あまり使っていなかったのでしょうか?



 表面がピアノブラックとの光沢です。最初保護シールが貼られていましたが、結構線状の傷がたくさん付いていました。

 ごく細かいコンパウンドでさっと磨きました。



 2009年製ですから、Windows7には対応している?手持ちの機器には自動で認識され、デバイスマネージャ上もちゃんと表示されました。



 シンプルなベゼルです。ランプはオレンジ。常用しているLG製のドライブが青のLEDなので、それに比べても目に優しく好感が持てます。


 実はジャンクで買ったのですが、動作は今のところ問題ありませんでした。店員さん曰く、「年式が古いから未チェックかも」と。

 ACアダプターも付いていますし、付属ソフト含め静音化のパイオニア謹製のソフトも付いてきました。



 ただそのソフトをいざ使おうとすると、OSが固まります。ソフト自体が対応していない?メーカーのサイトからダウンロードはしましたが、同じように固まります。



 あとはファームウェアーのバージョンアップをしました。最終が1.03で、それにする為に再度ダウンロードしたものをあてました。



 無事ファームウェアもバージョンアップし、静音化のソフトも動きました。



 さてこれのお値段…。



 安い…。







 バルク品ばかり買っていましたが、ジャンク扱いとはいえ、リテールのドライブは初めてかも。この前のブルーレイのドライブもバッファローが販売だったけど。


 テストも兼ねてDVD鑑賞に毎日使っています。今のところノートラブルです。静音化の効果は、どちらかと言うとオーディオのCD向けのようです。効果は実感出来ません。




 とりあえず最近掘り出し物が無く、珍しかったのでご報告までに…。





















2014.08.15 Friday

バージョンアップは伊達じゃなかったです。 Broadcom BCM70015

 こんばんは。

 眠気がじわじわ迫ってくる中、どうしても気になることが多くてなかなか眠れません。昨日少しだけ進展がありましたが、それが続くやら…。正直なところ、私にはわかりません。

 ひとまず自分の中で最善を尽くそうと、心がほぼ決まったのだけは収穫かもしれません。難問は山積みですが。


 以前も記事にした動画再生支援のボード・BCM70012ですが、偽X201に載せてはいます。ただCore i 第一世代の無印ですが、intel HDグラフィックスの能力も悪くはなく、BCM70012が機能していなくてもあまり気になっていませんでした。

 つまり、ただ載せているだけの状態でした。


 ただ最近色々見ていると変化がありました。後継バージョンのBCM70015の相場が急に千円近く下がりました。

 たまたま入札したのが、たまたま落札。二世代に渡って手にしたことになります。

 左がBCM70012、右がBCM70015です。


 裏面です。


 相場が下がった理由はわかりませんが、Windows XPもサポート終了になり、旧世代の機種の延命も趣味の領域になってきたのかもしれません。低スペック愛好の私ですら、最低でも現行の規格が流用出来る年式以前のは相当安くなければ買う気が起きなくなりました。Core2Duoの後期辺りが最低ラインでしょうか。HDDはSATA、メモリーはDDR3ですかね。


 比べると随分チップの実装も少なく、心配な位です。ハーフサイズ+アダプターの組み合わせのものをよく見てはいましたが、これはフルサイズです。カットしてハーフサイズには出来そうですが。



 最初バッタものかと思いましたが、こんなマイナーなものにバッタものも?チップにも"BCM70015"と刻印されています。


 早速付け替え。



 さて、設定を煮詰めていないのですが、YouTubeなどの動画サイトでは無線の接続の関係か、なかなか効果を実感出来ません。ブラウザがChromiumを常用しているので、Flash Playerの設定も必要です。意外に面倒で放置気味です。


 ただストレージ上にある動画の再生支援は優秀です。手持ちのDivXでエンコードされた動画にも新たに対応しており、非力なCULVのCeleronも動画再生時のCPU負荷が二〜三割と激減です。バックグラウンドで何か始まっても余裕があります。


 Atom機向けで使っているレポートなどはネット上で散見しますが、現行で使えるギリギリのラインの低スペック機にも結構効果があります。使い始めてあまり日が経っていませんが、使えば使うほど実感出来ます。


 プレーヤーはフリーソフトのQonohaですが、フォーマット別に選べるので便利です。




 実は『地球に優しい低スペックPC愛好会(仮称)』から追放されそうな背信行為をこっそりしでかしてしまったのは、また別の機会に…。偽X201はごくごく安定稼働しています。








追記:諸事情により、R500を動画やDVD再生に特化すべく、そちらに移植しました。もちろんハーフサイズに折りました。それが一番緊張しました。動画支援も効いており、動作は至極安定しています。(2014.08.26 更新)















2014.08.08 Friday

遠く海を渡って部品が届きました。 ThinkPad SL400

 こんばんは。

 酷暑ですね。梅雨明け前後より、急に暑くなりました。身体の調子を整えるのも結構大変です。夜勤があると、平日の昼間とかに用事が済ませられますが、身体にはじわっと堪えます。


 さて先日折れた(折った?)ThinkPad SL400のヒンジが、海を越えて届きました。送料が嫌に安かったので、船便で数ヶ月?なんて思いましたが…。


 『国際特殊通常書留』という聞き慣れない名前の郵便物です。川崎で通関ということは、船便だったのでしょうか?

 
 引受までの時間が結構長かったのですが、日本に入ってからは迅速ですね。とりあえず手元に届きました。書留扱いでした。




 段ボールの簀巻きですか。上海からの小包です。


 中身はこれです。


 待望の部品です。何か曲がっている気がしません?



 右側はまっすぐです。


 左側が反っていませんか?手で軽く曲げて修正しました。



 今回のヒンジの根本は塗装されていません。対策品でしょうか?



 念のため、左右のヒンジ共に交換しました。それから全て組み直して、かかった時間は合計三時間位でした。


 途中引っかかったのが、トラックポイントの動作でした。キーボードの配線を繋いだだけでは何故か動きません。ドライバーの不都合かと思い、入れ直したりしましたが未解決。

 ただパームレストの設置でトラックパットの端子を接続したら、あっさり動作しました。不思議ですね…。





 同僚が「パソコンが欲しい」とのことです。見てもらって良ければ売却予定です。

 珍しく元箱・説明書他付属品が全て付いており、外装も殆ど傷も目立ちません。CPUも通常電圧版のデュアルコアのCore2Duoに載せ替えています。Windows 7もインストール・認証済みで、そこそこは使えるでしょう。無線LANやBlueToothのモジュールを載せており、気がつかないところで色々載せています。


 CPU:Core2Duo T6400 (2.0GHz)
 RAM:DDR2 1G×2、計2G
 HDD:160G (5400rpm)
 光学ドライブ:DVDマルチドライブ
 LCD:WXGA ノングレア (LTN141W1-L05)


 気に入ってもらえると良いのですが。どうなるでしょうか?











追記:無事使ってくれる人の元に旅立っていきました…。いただいたお金でまた趣味にいそしむような自転車操業ですが、貯金にも回しました。(2014.08.16 更新)


 








Powered by
30days Album