ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2014 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2014.07.20 Sunday

まるでオペラのような展開です。 『アナと雪の女王』

 こんばんは。

 寝るか動くか、どちらかの毎日です。DVDを借りに行くのが定期的なイベントにはなりましたが、どちらかと言うと軽い運動と気分転換も兼ねています。歩いてTSUTAYAまで片道十五分位です。


 つい最近劇場公開だったディズニーの話題作、『アナと雪の女王』がレンタル開始になっていました。ちょうどレンタル会員の更新時期で、一本レンタル無料と言うことで借りてきました。


 ネタバレになるのと、まだ観ている途中なので詳細は控えますが、誤解を恐れずに言えば以下のような感じです。

 「CG作成のオペラみたい」


 

 あまり最近ディズニーの映画とか観ないのですが、毛色が今回だけ違うのか?それとも物語のメッセージが含まれているものなのか?


 歌はすてきです。これは評判通りです。








 それにしてもDVD化するのが早いですね。


















2014.07.18 Friday

変態(?!)可変の端末を入手。 docomo prime N-01A

 おはようございます。

 最近仕事が終わるとドッと疲れが出て、食後に寝てしまったり何か雑用をしながら倒れていたりと散々です。幸い昨日は布団に入って眠れました。夜勤明けで一日が長かったです。


 結局今日も早起き。五時半起床です。妙に規則正しい生活が続けられれば、まずまずは長生きできるものでしょうか。



 さて興味本位もあったのと、巡回コースのお店にずっと売れ残っていたものが気になっていたので、昨日別の用事で訪れた時に入手してきました。

 ガラケー自体がもう選択肢も少ないですし、今のF-03Bも不満なく使えていますが今後の予備機として。小銭で買えるほどの額に値下げされていました。



 一見スマホのような感じです。スライド式?


 おぉっ!一時流行ったワンセグとかを見る用の横型ワイド!



 一般的なスタイルにするには上記の二段階可変が必要です。

 NEC製のdocomo N-01Aです。NECにしては思い切った端末ですね。昔のD(=三菱)の端末を思い出します。スライド式の重戦車、といった趣でしたね。D905iとか少し触ってみたことがあります。


 画面も広く液晶も綺麗です。あとフルスペックに近い位、機能満載です。無いのはWi-Fiくらいでしょうか。


 ただ端末の厚みがすごい!


 ゴツッとしています。


  
 以下同文。


 携帯性はあまり良くは無さそうです。






 中古で動作確認・クリーニング済み。液晶パネル面の四隅の塗装はがれありの状態でしたが、全体的には綺麗です。落下によるような傷や打痕は見当たりませんでした。

 2008年製と古いので、それを考えれば十分です。値段も十二分に安かったですし。



 お店によってはガラケーの在庫も少なく、結構いいお値段がしたりもしますが、こういう色物(カラーも機能も)の端末はあまり一般受けしないのでしょうか。おもしろ半分のつもりでしたが、意外に使えそうです。


 気になるのがバッテリーの持ち。こんな多機能で大きい筐体の割りには、バッテリーは小さいです。






 少しずつ環境を移行して予備機としてスタンバイしていてもらいますか。


















2014.07.13 Sunday

やっぱりノングレアで良かったです。 ThinkPad R500

 こんばんは。

 やる気がない一日に終わりそうでしたが、約束をしていたことに思い出して一念発起。色々調べ物をしながら復習していました。なんだかんだ言って活字は好きです。


 久し振りにメールのやり取りも出来たし、思えば「終わりよければ全てよし」なのかもしれません。今日に限らず、明日もその先も。ヒンジは折っちゃったけど(あれは折れたのだと思いたいです)。


 最近涙腺が緩く、映画やDVDを観るとよく涙します。

 DVD鑑賞の為に駆り出しているR500、グレアで一時は満足したものの、目が疲れるのが我慢ならなくなりました。先日懲りずにパネルを交換したことは先日書いたとおりです。

 今日も『CSI:NY』を観ました。だだ泣きです。一話だけで止めおくか否か…。


 同じような角度で交換したR500を撮ってみました。


 派手さはありません。経年劣化もあってか、輝度もやや落ちている感じもしますが必要十分です。偽X201のLED液晶の明るさに目が慣れていた感じです。

 光沢の一見しての綺麗さは確かにありますが、最初だけだったようです。



 違和感がない表示です。ピンぼけ気味で、申し訳ないです。



 視野角は同じか、ややこちらの方が広いかも。そんな横から見ることもありませんが。

 
 今までは三話ぶっ通しで観ると、目がチカチカしました。今日は日中テストも兼ねて、少し離れた位置で別のことをしながら動画を流しっぱなしにしていました。液晶の輝度も変化がなく、安定しています。

 昨日は二話観ましたが、目に疲れは感じませんでした。

 もう一話観て寝ようかと思います。





 寂しさが何か生産的なことに向けられないか、そんなことを考えてしまいます。

 私の仕事は言わば後方支援のようなものです。日本は加工貿易で大きな貿易黒字を得て、国家の経済成長を果たしました。物作り大国とも言いましたし、高い技術を猛烈なまでの個々の勤勉さが支えてきたわけです。まじめな国民性もあるとも言いますが、目標が明確だったのでしょうか。

 「何も作り出すような仕事じゃないくせに」そんなことを言われたのを思い出します。前進あるのみ、寄り道や後退、ましてや休息なんて考えなかった時代の頃の言い方だな、と今にすると思います。

 ただそれが本人の考えた言葉ではなく、誰かの受け売りだったのかもしれません。今となってはどうだっていいことですが。



 せめて自分の与えられた職務に誇りを持って全うしたいものです。十余年同じ業界に働いて、停滞している時期が多かったものの、やっと今誇りを感じられるようになりました。途中で別の道に逸れないでよかったです。思い通りに仕事も日常生活も出来ず、劣等感の塊だった時に知識だけは遅れを取らないよう励んだのを思い出します。

 
 思えば何だか来たるべき時には少し展望が見えるものですね。『不惑』には程遠いですが、節目というのには何かあるのでしょう。


 そう思うと子供の言葉は代え難いものですね。ありがとう。















 話が大幅に逸れてしまいましたが、またそれは別の機会に…。


























2014.07.13 Sunday

「マーチ・ジャスパーの法則」発動:左ヒンジ破損。 ThinkPad SL400

 こんばんは。

 ThinkPad SL400をほぼセッティング完了したかに思っていました。Windows7 Home Premium 32bitをクリーンインストールしました。


 ただ問題が一つだけ。有線のLANが何故かデバイスマネージャ上認識されません。本当ならWindows7の標準ドライバーがあたるはずですが、何故か上手くいきません。ギガビットLANがもったいない、というのもあります。

 他に事情がありました。「パソコン売ってくれ」と言われて、手持ちで一番まともな機種なので提示していたところでした。もう一度ばらしてモデムとLANのソケットが付いているボードの接続不良?でもモデムはデバイスマネージャ上認識されています。

 最初にLCDパネル交換時に組んだ時、どうも接続のコネクタが甘かった感じはありました。そう言えば端子の下に薄い樹脂が挟まっていたのですが、それを上手く戻せませんでした。


 外してみましたが、基盤も特にトラブルはなさそうです。ケーブルのコネクターも外れていませんでした。

 もう一回仮接続してOSを立ち上げましたが、どうも直りません。うーん…。


 この基盤を元のスペースに戻そうとしたところ、意外に窮屈です。上半身を外してみようか、と思いました。固定のねじを外して、少し動かしたところ変な感触がありました。「グキッ…」と。

 
 あれ?


 取り付けの穴に何か残っています。因みに上半身は外れています。



 おい!!折れていますよ!!!

 

 土台の金属、そんなに薄くはありませんが脆い?


 某中古ショップのジャンクコーナーにあったSL400のことを、以前書きました。そう言えば、二台とも右のヒンジが折れていました。


 本体に固定する方の金具、一見頑丈そうです。でも上半身の下を支えるプレートに問題があるのでしょうか?X200のヒンジは鍛造品?と思うくらいガッシリしているのに比べ、やはり廉価バージョンの走りというだけあるのかもしれません。




 最近パネル交換も三例成功、SL400もハード・ソフト共にセッティングが順調でした。三回に一回は弄り壊す、「マーチ・ジャスパーの法則」を忘れていました。遂に発動…。



 嗚呼。これで諦めるのも癪なので、ヒンジを部品単位で交換して生き返らせます。ただ有線LANは何故認識しない?


 ジャンクをもう一台買った方が安上がりかもしれません。ほどほどに、ぼけ予防の為に頑張ります。過信は禁物、だけど慎重且つ大胆に!!



























2014.07.12 Saturday

結局ノングレア化に…(WSXGA+化 続き)。 ThinkPad R500

 おはようございます。

 何だか妙に元気だった昨晩、朝方まで色々やることをこなしていました。専ら普段出来ない細かい用事ですが、勢いに乗って徹夜になるところでした。


 寝不足のはずが朝方に寝て、八時前に起床。夜勤の続きのような感じです。

 幸い好天なので、一気に洗濯や片付けをしていました。買い物も大量に買い付けて、しばらくはいけそうです。ホッとしているところです。束の間の休息、といった感じですね。

 
 本当は動物園にでも行こうかと思いましたが、週末は間違いなく混んでいるので平日の休みに行ってみます。アリクイと虎が見たいです(おい)。



 さて先日WSXGA+に換装したR500ですが、グレア(光沢)の綺麗さに満足していたのですが、最近の数少ない楽しみの海外ドラマのDVD鑑賞にしばらく使い込んでいて気付きました。

 ※目が疲れます。


 二〜三話を観るのは問題ないのですが、折からの蓄積疲労の為か?若しくは眼精疲労のせいか?だんだん目の奥が痛くなってきます。グレアの液晶が長時間の作業には向かない、ということを身をもって知ったわけです。

 あとだんだん輝度にムラが出てくるような気がするのですが、液晶周りの不具合か、それとも私の組み上げ方が悪かったのか。


 その辺がだんだん我慢できなくなったので、一つ気合いでノングレアの液晶パネルを探しました。予算は前回より低く、余程のことがなければ中古品となります。案の定中古で激安のものを探しました。


 それで先日届いたのがこれです。


 いつぞやも似たようなものを見ませんでしたか?このインバーター一体の構造、そうDellのノートパソコン向けの保守パーツです。

 表面に数個線傷がありますが、気になるものではありません。総じて程度は良さそうです。動作確認のものから外したという説明のものです。


 おまけにケーブルもついています。接続の端子のピンの数とかがあまり詳しくなかったので、色々調べた上で半分賭けで買いました。

 ケーブルとインバーターはまた余ってしまいます。部品箱の仲間になりました。


 
 LG.PHILIPS製(昔は一緒だった?)のLP154W02(B1)(K2)です。製造年はどうやら2006年頃のものです。

 古いのでバックライトとかが心配です。値段が値段なのでいつものネタ提供兼人柱の精神です。


 気になる接続の端子ですが、こんな感じです。


 薄い30pinのものです。抜けやすいのでThinkPadのものは上からテープで固定してありましたが、これは挿したまま。

 知らなかったのですが、LVDSという規格の端子だそうです。



 前回同様、細心の注意でインバーターを固定している金具一式をもぎ取ります。


 ピンぼけですみません。二回目と言うこともあり、今回は上手くいきました。

 ラッキーなことに今回はパネルから出ているコードが短いと言うことはありませんでした。長すぎたので途中で上手いことまとめてみました。


 さてR500を半解体して、接続して動作の確認をしてみます。


 最低限でこの態勢です。


 それでは緊張の電源投入!


 おぉ!液晶は大丈夫です。

 ただすぐに違和感がありました。


 高解像度の液晶の割に、表示が間引きされているような荒さ。上のはまだわかりにくいですが…。


 これはピンぼけではありません。デスクトップになっても全体的に荒いのです。


 考えられることは、これはWXGAのパネルに付いていたケーブルをそのまま流用したこと。信号の帯域?で高解像度になると追いつかない、ような旨の記述をどこかで見ました。この前付けたグレアのパネルのケーブルとは型番が違います。



 WSXGA+で問題なく表示されるケーブルの型番です。93P4380です。



 今回表示が荒くなるケーブルはこちらです。93P4449です。


 並べた感じも殆ど違いはなさそうなのですが、やはり結線とかで違いがあるのかもしれません。サービスマニュアルを見れば良かったのですが、ここはトライアンドエラーの精神で。



 左が93P4480、右が93P4449です。Bluetooth接続の端子も同じく付いています。



 さてつなぎ替えてみたら…、綺麗に映りました!!!!原因はケーブルでした。

 WXGAとWSXGA+のそれは違うのですね。




 仮組みする前に最近ずっと見ている『CSI:NY』のオープニングを。一部室内の照明の映りこみがありますが、ドット抜けも目視する限りでは無し。バックライトの輝度も十分です。

 色味が意外にこってりしている感じです。気のせいかもしれませんが。


 前のグレアのパネルは、キャリブレーションもどきの色味調整をしたりしてみたのですが、使っているうちに輝度が上がったような感じになったりして、どうも不安定でした。白くぼやけたようなベールのようなものがかかった状態になったりして、結構気になっていました。

 最初に付いていたWXGAのパネルもどことなく白くベールがかかったような眠たい感じの甘い表示だったので、パネルの個体差なのでしょうか?まだ三例目の経験不足の私にはわかりません。


 因みに外したWXGAのパネルはこれです。


 もちろん周りのフレーム代わりの固定金具はすべて外しています。





 LGのLP154WX5(TL)(B2)です。これは一応保守部品としてケーブルと一緒に取っておくこととします。



 今回のものはパネルをつけてデフォルトの状態で、そんなおかしい感じにはなっていません。当たりだったのでしょうか。







 借りているDVDを観るので、しばらく使ってみての感想をまた記事にしたいと思います。楽しみが増えるというものです。




 でも最近こんな事ばかりだな…。パソコン売ってくれとも個人的には頼まれているけど、「趣味:セッティング」の私が使っているのはあまり一般受けしない感じがします。
























2014.07.04 Friday

ThinkPad SL400 弄り日記 その二:LCD換装 ~ノングレアWXGAへ

 こんにちは。

 今日はお休みです。少し休めました。子供の学校行事で元気な姿を見てきました。張り切っている子供の姿は大人の励みになるものですね。

 ああいう情熱はどこへいってしまったのやら…。反省。


 閑話休題。


 今回手に入れたSL400、液晶の不良とのことでした。パネル交換で復活すればラッキー、位にしか思っていませんでした。最悪部品取りにして、ばらして売却してもいいですし。

 ただ元箱入りでACアダプターも説明書も付いていました。中はある程度使った形跡はありましたが、追加で購入が必要な部品も幸いありませんでした。HDDのマウンターやねじもありました(これがなかったりもしますので)。

 
 液晶パネルのトラブルは割れることが一番だとは思います。上半身そのまま交換、とかはX200でトライしています。R500もパネルは入れ替えましたが、基本的に上半身交換です。

 ケーブルの不良か、インバーターの不良か?


 とりあえずこんな感じでした。


 右半分が周期的にマーブル模様のような不思議な色味を醸し出してくれます。最初はきれい?とも思いましたが、ずっと見ていると酔ってきます。

 どうも手持ちのインバーターとはコネクタが合いません。

 液晶自体はグレア(光沢)のものです。


 ぱっと見は損傷はないのですが、こればかりはわかりません。


 
 因みに型番はLG製のLP141WX3です。

 まずは液晶パネルの不良、と考えて代替え品を探しました。16:10のワイド液晶の14.1インチは初めてかも。


 たまたま同じThinkPadのT61に使っていたというものを仕入れました。



 ノングレアのものです。



 この前のR500みたいに加工は必要なさそうです。



 型番はLTN141W1-L05、SAMSUNG製のものです。FRUが付いていることから、Lenovo純正採用のものです。


 さて天板に組つけたところまでは順調でした。

 すると…。


 LCDのケーブルの長さが足りない…。嗚呼。

 これはどうにかしないと。別の機種用ですから、やはり何かしら加工は必要なんですね。甘く見ていました。


 とりあえずインバーターのボードを右にずらして固定することにしました。当然ねじ穴もなく、どうするか考えました。


 元々小さなねじ二つで軽く止めてある程度。また液晶のベゼルもつけるので抑えは効くはずです。

 それなら!とこんな加工をしました。



 まずエアコンなどの工事とかで使う、隙間を埋める樹脂のパットを貼り付けました。柔らかめのもので、裏に両面テープを貼って天板に固定位置を作りました。



 そこに下半身(システムボード側)とも繋いで、配線に無理がない位置でこれも両面テープ固定しました。はがしやすいように、左右両端に二カ所のみです。


 さて動作を確認すると…。


 バッチリです!!


 あとはそのまま元に組み直しました。




 こんな感じで復活。ノングレアの方が目に合うのはもう歳だからでしょうか?CCFLの方がLEDに比べ柔らかい感じで、目に優しいです。


 SAMSUNG製のLCDは外れ?とかいうのも、どこかで見た記憶があったので(巨大掲示板だったと思います)、正直どきどきしていました。映ればいいと言っても、きれいに映ってくれることに越したことはありません。

 結果はいい感じです。X200s・偽X201のLED液晶は鮮やかですが、少し目に刺激があります。噂に聞く『ThinkPadの液晶は青みが強い』というのは、今回つけたパネルと比べるとわかります。全く無調整にもかかわらず自然な発色です。T61に付いていたことはあるのでしょうか。




 それにしても、この天板の無駄なまでの光沢。驚きます。変態が写り込まないように角度を調整するのが大変でした。

 
 あと『ThinkPad』のiが通電時に赤く光ります。ちょっとおもしろいギミックかも。最近のEdgeシリーズも同じようなものが付いていますね。


 SLシリーズでもSL*00(300/400/500)番台のみ、このピアノブラック様な天板でした。その後のSL*10(410/510)は普通の黒の無塗装の樹脂でした。


 ヒンジも太く天板も厚みがあるので、一見頑丈そうです。ただヒンジのトラブルがあるようで、巡回コースの店でもジャンクコーナーでこの機種の右ヒンジが破損したものが二台並んでいることを一度確認しました。

 使い込めば、の話なのかもしれません。分解した感じではLCDの固定のレールまでの一体型でした。そんなに華奢な感じはしませんでしたが。


 これも若干古めの機種になるので、HDDのアクセスランプなどは別途ランプが付いています。これは助かります。




 数日使ってみての感想は、この一点かと。

 ◎パームレストの素材が良くない!

 
 キータッチしていると、手の脂がくっきり残ります。汗をあまりかかない私でもこんなですから、真夏の代謝の良い方が使ったら結構困ると思います。

 涼しい空調の効いたオフィスで使う人には関係ないのかもしれませんが、ThinkPadらしからぬ配慮の無さが気になりました。変に天板に凝らなくても良いのに…。



 思ったよりあっさり復活してしまいましたが、懲りずにもうすこし弄ってみます。





















2014.07.03 Thursday

ThinkPad SL400 弄り日記 その一 :CPU換装 ~Core2Duo T6400

 こんばんは。

 現実逃避中です。なかなか逃れられないように上手く出来ていますが、目を背けずにはいられません。手先だけは器用に動くようで、その辺の効率だけは上がっています。皮肉なものです。

 因みに仕事は体調不良で今一つです。今日は早く休んで回復させないと。



 さて、先日の新たな標的のThinkPad SL400です。外観は綺麗ですが、そこそこは使ったようです。周りの環境の問題でしょうか?

 ちょっとグロ画像?


 埃が詰まったヒートシンクです。冷却性能は落ちますね。



 ファンも程良く汚れています。

 どちらもブロワーで屋外にて吹き飛ばしました。



 元々はCeleron575、シングルコアのものです。Socket PのCPUはうちに在庫があります。


 まだチップセットがわからなかったので、FSBが800MHzのものにしました。それ以上だと動かないかも知れません。以前のSL510では調子に乗って、Core2Duo T9300まで載せましたが、実際あまり使いませんでした。今回は復活させることを第一に、コストは必要最低限にしています。


 


 ヒートシンクとパイプ・ファンを外して、グリスを綺麗に落としました。CPUはT6400という珍CPU(今度は正規版)を載せています。


 メモリーも今まで使っていて問題がなかったものに、無線LANモジュールは1802エラーのでない、Lenovo純正のintelのものを付けています。




 ここまでは意外に手こずらずに出来ました。


 元々廉価版の組み合わせだったのか、必要な機能も備わっていない感じでしたので、システムボードまで露出した好機に、Bluetoothのモジュールも付けました。これも一つ余っていました。


 その二のLCD交換編にあとは譲りますが、T6400が意外に侮れない性能でした。以前もSL510に興味半分で載せましたが、その時よりいい結果です。



 Speed Stepが効いています。

 チップセットは…、当ブログ御用達のCeleron専用という栄えあるGL40です。CPUのチョイスを間違えずに助かりました。




 恒例のベンチマークは以下の通りです。


 相変わらず余り物のパーツの組み合わせです。


 七万の大台に届きそうな感じです。T9400が八万超えですが、あまり差がないものですね。ちょっとびっくりです。



 私にとっては最も不慣れで気を遣う、LCD交換編を次回ご紹介致します。








追記:当ブログ御用達と言うか、耐久性を見る為にもれなくOCCT Ver4.2を一時間回しました。エラーは出ませんでしたが、85℃まで上昇しました。冷却性能が悪いのでしょうか。Core Tempの表示でCPUのスペック上は「TjMax=90℃」とありましたので、結構いっぱいいっぱいかもしれません。参考までに。あ、でもintel公式は105℃ですね、あれ?(2014.07.05 更新)



http://ark.intel.com/ja/products/40479/Intel-Core2-Duo-Processor-T6400-2M-Cache-2_00-GHz-800-MHz-FSB















2014.06.29 Sunday

これまでのベンチマーク記録 Core2Duo P8400

 こんばんは。

 やる気ゼロです。ハイ、今日に始まったことではありません。ATMと買い物に二回外に出ただけ大分ましな方です。


 さて自宅のパソコンのデータの整理、少しだけしました。家庭内の共有HDDが元々余り物のIDEのHDDを繋いでいますが、容量が逼迫していました。元々手持ちの機種のHDDの容量を絞って、たまにしか使わないデータはそちらを参照とするつもりでしたが、意外に小容量でもどうにかなっています。X200sのSSDは64Gですが、二割強は残っています。必要なものがその程度と言うことでしょう。



 さて以前のデータにベンチマーク記録をため込んでいました。ThinkPad X200を一時期手に入れた際に、セッティングついでにベンチマークを取りました。

 中古で今でも結構流通しているCore2Duo P8400です。因みにHDDは余り物の東芝製(5400rpm)でした。メモリーも余り物でした。



 Windows7のWEIは以下の通りです。


 意外に健闘していると思いません?エコ仕様ではありませんね。TDPは25Wと少しは省エネですが。





 何もいじらず、純正のリカバリーをかけた素の状態です。しばらく使いましたが、Windows7 Professional 32bitで十分な速さでした。





 現状でも欲張らなければ、十分実用ではないかと思います。多少の工夫があればもっと良いと思います。



 まだ公開していないデータがあったら、また更新しますね。



 因みに先刻のSL400はCPU載せ替えする予定です。珍CPUが一つ控えていました。ES版ではないCore2Duo T6400です。たまたま見つけたのをずっと前に押さえてあったからです。海外仕様からの取り外し品でしょうか?

 OSは何にしようかがまだです。試験用にWindows8を入れてみますか?

























2014.06.28 Saturday

「趣味:セッティング」新たなる標的が登場。 ThinkPad SL400

 こんばんは。

 夜勤前も勤務中も仮眠が取れず、久々に地獄のような耐久レースの勤務をこなしてきました。最後はグデグデ、帰りはずっと寝ていました。


 そんなこんなで夕方から一応復活して、先ほどレンタルDVDを借りてきました。グレアのWSXGA+化したR500が、自分の部屋のDVDプレーヤーになっています。光沢画面のメリハリの良さは、こういう用途にはもってこいです。

 最近勧めてもらって観ているのが、『CSI:NY』という科学捜査ものの海外ドラマです。基本医療系のものは避けるのですが、これは面白いです。主演のゲイリー・シニーズがなかなか味があります。


 さて暇をもてあますと言うより、やることがあっても手が着かなく途方に暮れているような感じです。数少ない捗っていることが、「趣味:セッティング」の『電子工作』です。


 手持ちの部品や工具も一定数は揃っていますが、メモリーの他に新品中古問わず本体の値段が上がっているので、むやみに手は広げられません。偽X201は中期的テスト運用中ですが、全く問題ありません。横で動画を流しながらこれを打ち込んでいます。動画再生では新しい世代の方が分がありますね。因みに外部GPU搭載のモデルは手を出さないようにしています。XPS M1210の件で懲りましたから。


 さて予算三千円(送料含まず)の条件で連日探してはいますが、徒歩で行ける日程や心身の余裕も乏しいので、ネットでの探索がメインです。



 さて先日届いたのはこれです。


 保証書も未開封?




 おぉ!いつぞやお付き合いしていたSL510の先代モデルではないですか。




 安価なモデルだったようです。無線LANも非搭載のようです。


 とにかく殆ど使っていなさそうです。ジャンクの理由は表示不良とのこと。




 綺麗です。欠品はありません。




 大きさ的にはちょうど良いですね。





 さてさて『地球に優しい低スペックPC愛好会(仮称)』としては、好ましいCeleron575です。




 とりあえず液晶パネル不良の為、代替え部品を探しているところです。


 少しずついじっていけるようにしていこうかと思います。今回が初回ということになります。シリーズ化?になりますかね。



















2014.06.24 Tuesday

Celeron同士の比較と気付いた点:『地球に優しい低スペックPC愛好会(仮称)』中間報告

 こんばんは。

 暇人の証、気合いの連投です。ネタを温めていたのは確かですが、目の前の雑事に注意が向いていると、こういったことには気が回りません。多少余裕が出てきたこととしたいです。



 さて会員二名の『地球に優しい低スペックPC愛好会(仮称)』、誰も期待していない不遇(不人気)のCeleron機の比較の中間報告です。


 ついオークションなどで第一世代Core i3ジャンク機などの安値に目がいってしまいます。間違って浮気しそうになりますが、ここはグッとこらえて。

 Celeronがintelの販売戦略で出された、機能削減・廉価バージョンのCPUであることはとっくの昔から知っていますが、今では実際中身が見えませんし使っていてCPUの違いがわかる用途自体が逆に少数派なのでは?という気もします。

 PenrynもArrandaleもそう大して差がないのかと思いきや、実は違いました。後者の方が使い勝手は良いです。気にしていた発熱も思ったほどではありません。テストで結構高負荷をかけても50℃台です。クロックが可変になったのは実にありがたいです。


 偽X201はHDD、X200sはSSDという差もあります。キーボードも英語のものに何だか慣れてしまい、日本語キーボードの配列が一瞬違和感も感じますが、どちらも触ればすぐに指先の感覚は戻ります。今はR500から書き込んでいますが、これは日本語キーボードです。



 快適さや使い勝手は偽X201が上回るのですが、唯一気になるのが重さ。

 同じ6cellのバッテリーを付けているのに、何だか少し重く感じます。鞄に入れて持ち歩くと時間が経つにつれ、結構重みを感じます。



 アホなので、前と同じく測ってみました。


 まずいつも使っているX200sです。


 うっかりスリープから戻っているのはご愛敬。値は1446g、これでメーター読みで三時間弱バッテリー運用可能です(まだそこまで屋外で使用していませんが)。  

 ExpressCardスロットにはダミーのカードを入れています。何となくパームレストの補強になるような気がして。効果のほどはわかりません。


 偽X201(X201i)はこうなります。


 ExpressCard 54でUSB3.0(正体不明のMade in China)カードが入っていますが、他の構成はほとんど変わりません。

 バッテリーの状態が極めて良好なこともありますが、メーター読みでバッテリー駆動四時間強の値を示します。まだ環境移行中なので、外では使っていません。

 秤の値は1535gです。

 
 二台の差は僅か89gです。たったこれだけなのですが、結構重く感じます。



 バッテリーの嵩があるため、並べても殆ど厚みなどは変わりません。ただsモデルだけあって、軽量化は図られているのでしょう。ヒートシンクの素材も違いますし、ファンの大きさも違います。以前に書いたとおりです。




 もう少し軽いと、気軽に持ち出せるのですが…。1.5kg以上は重い、と言うような話は聞いてはいましたが、実際に痛感しました。毎日の通勤の鞄に気軽に放り込める重さではありません。


 堅牢性や信頼性の担保にある程度の重量は仕方ありませんが、なかなか代替えが進まない一因でもあります。

 他にはSSDの振動への強さや、予想外の信頼性の高さもあります。HDDだとやはり手荒くと言うか、ラフには使えません。ちょっと前まではそれが普通だったのですが、一度便利なのに慣れてしまうと元に戻れませんね。




 大容量になったとはいえ、HDDほどの容量のSSDは高価すぎてまだまだ手が出ません。あまり容量を気にしないで使うのも、精神衛生上は良いものです。X200sはしょっちゅうデータの転送や削除をしないと、残りが数Gなんてこともあります。ちょっと危険です。


 64bit OSのメモリーの余裕や、思いの外互換性にも問題がないことも、精神衛生上好ましいです。





 さて、偽X201にコストをかけないで、どういじるか…?思案のしどころですが、R500もある三台体制なので、ゆっくり進められて良いものです。あくまで趣味と言うことで。









 また最終報告が出来るよう、色々試行錯誤してみたいです。





















Powered by
30days Album