ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 加水分解したグリップを補修して。 Nikon F80s | main | もう年の瀬です。 >>
2018.12.16 Sunday

自分にご褒美を 。ORIENT Bambino

 おはようございます。

 

 ここ数日雪がちらちら降ってきます。冬本番ですね。

 

 せっかくのカレンダー通りのお休み。朝は普通に起きましたが、何だかエンジンがかかりません。気が乗らないのか、やる気がないのか?どっちもでしょうが、いつも色々準備はしていてもいざ時間が空くと出来ないものです。困ります…。家事をしてシャワーを浴びて、やっと気合いが入りました。

 

 

 

 

 

 

 閑話休題。

 

 

 

 

 

 いつも自分には甘いので、特別という感覚はありません。自分にご褒美でも、景気高揚の為でも、欲しいものを生活に支障がない範囲で買うのは良しとします。世間と同じく賞与が出たのは、私にはありがたいです。

 

 欲しいものが沢山ある訳ではありませんが、一回お店で見かけてから気になっていたこれを購入してしまいました。

 

 

 ま、まさか?

 

 

 やっぱり。時計ですね。

 

 機械式の腕時計は常用していますが、ORIENTのものは好きです。

 

 ただこのモデルは見たことがなく、シンプルな割に茶目っ気もあり惹かれました。中の構造を見せるオープンハートもどこか嫌みなイメージがありましたが、これはそんな感じを受けません。デイト表示がないのも良いかもしれません。

 

 

 どこかデザイン面で突き抜けているものがORIENTらしさのように感じますが、クラシカルと言うか地味でスタンダードなものは飽きがこないですね。仕事で毎日使う目的なので、気にしないで使えつつも実用的な時計はありがたいのです。

 

 

 購入してから調べてみましたら、Bambino(バンビーノ)と言う海外向けのモデルのようです。カタログやメーカーのサイトに載っていない訳です。これは秒針のハック機能が付いていないので、第一世代のようです。Bambinoがごく一部の好事家に人気だとか。

 

 

 針もインデックスも立体的です。第二世代(今出回っている物)は秒針がちょっとだけ短いようですが、これはそうではありません。一番好ましいのが10気圧防水なことです。毎日手洗いを何十回もする身としては、防水は必須ですので。

 

 中のゼンマイ仕掛けが見えるのは、結構雅ですね。チキチキと極小さい音がします。裏面も半分スケルトンになっています。

 

 

 

 マクロ撮影をデジカメでしましたが、ピント合わせをとても迷います。その点、マニュアルフォーカスだといいですね。

 

 

 購入してから別のお店でベルト調整をしてもらいました。若干きつめでお願いしています。勧められる指一本分の調整ですと、ずっと着けていると何故かブラブラになります。むくんできつくなるならわかるのですが、何ででしょうか?

 

 

 文字盤は結構大きめですが、黒のおかげかそれ程気になりません。ケースの厚みもそこそこあり軽量ではありませんが、一日着けていても違和感はありません。正確に測っていませんが、自動巻の精度も殆どズレがありません。その辺はもう少し使ってからわかりますね。

 

 

 

 腕時計は今時着けない人が多いです。特にデスクワークではない私の業種では顕著です。スマホがあるから不要という意見もわかる気もしますが、ちょっと視線を移動するだけで時間がわかるのは腕時計の他にありません。

 

 高価な腕時計はステータスだというのは昔からありますが、あくまで趣味の領域だろうと思います。だから若い世代の人に『社会人なんだから、自分に見合った腕時計を買うように!』みたいなお節介は不要だと私個人は思います。社会人なら年配の人の価値観に合わせて、仕事やコミュニケーションが円滑になることもありますが。

 

 それより一日の中でしょっちゅう目にするものが、良いもので気に入っていたらテンションは上がると思います。

 

 

 私は若い頃にちょっと高級めの時計に憧れましたが、気が付けば安い腕時計をローテーションで使っています。仕事用二本・プライベート用三本にこれが加わりました。ガジェット好きですが、時計はごちゃごちゃしていないシンプルな物が好きです。

 

 

 

 

 そんなこんなのご報告でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album