ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 遠くに逃げたい、バイクに乗りたい。その三 YAMAHA malic | main | んっ?これは…。 詳細は後日の巻。 >>
2015.04.29 Wednesday

お弁当箱(?)風 カメラ。 FUJIFILM TIARA(初代)

 こんばんは。

 特に変化もなく気持ちも入れ換えられないまま、何となく毎日すごしています。家に帰ると床で寝てしまうのはもう習慣になっています。食事だけはしっかり摂ろうと心がけるようになりましたが。休みの日に一日一食+αとかは、さすがにもう止めました。

 
 世間が今日から大型連休のようですね。私も夜勤明けの休みで、職場に問い合わせの電話をしても何で担当の人が休みなのか、しばらくわかりませんでした。天皇誕生日、いや昭和の日で休みでした。曜日感覚の欠落は日に日にひどくなります。

 昨日今日と非常に好天でしたので、家事を朝から頑張ってしまいました。念願だったお布団も干しましたし、冬物のセーターなども手洗いしました。洗濯もしたし…。ただ反動で午後は昼寝していました。地区の集金の方がいらして起きましたが、完全に寝ぼけ眼だったようです。



 閑話休題。




 さて先日、いつもの巡回コースを散歩と称してふらついてきました。宝探しというと聞こえはいいですが、ワンコインで工作出来る素材を入手するのが目的です。オークションの転売とかはもう考えないようにしています。

 そこで見つけたのがこれ…。




 FUJIFILMとありますから、一目でカメラであることはわかります。ただ見たことのない機種でした。アルミの冷たい外装でした。

 それにしても値段が本当に捨て値です。



 むしり取るようにかごから取り上げて、まずチェックしたこと。それはAPS対応のカメラではないことでした。

 小型で小洒落た外装のもので破格の安さのものは、かなりの確率でAPS対応のコンパクトカメラだったりします。今ではデジタル一眼レフの素子名でその名が残っていますが、私もAPSフィルムは一度も使ったことがありませんでした。当時も利便性を謳っていましたが、何せ高価なのと画質が135フィルムより落ちると聞いて、全く興味が湧きませんでした。その後市場から消えてしまいました。フィルム自体ももう製造していないようですね。


 これは裏蓋の開け方が独特で、一瞬APSフィルム用かと思いました。こんな風に開きます。


 ガバッ!


 これを見る限り、135フィルムですね。そうわかれば、後は即レジに走るのみでした。



 外観を改めて見ると、やや角張ったアルミ製のお弁当箱のようです。幼稚園の時に持たされた記憶が何だか懐かしいです(歳がばれますね)。



 意外に軽いです。外観はアルミですが、ちょっと薄手の為か持ったところ華奢な感じです。


 それにしても、フィルムの装填の仕方が独特ですね。カートリッジを逆向きに入れて、ベロを指定の位置まで伸ばして蓋を閉めると、最後まで巻き上げてくれます。



 因みにFUJIFILMのコンパクトカメラは、以前KLASSEを手にしたことがありました。やや大柄で操作も今一つ使いづらかったですが、写りはなかなか素晴らしかったです。手放してしまいましたが、そんなこともありレンズの性能にはいい印象がありました。



 ごく小さなレンズが、フロントのスライドシャッターを開けると控えています。沈胴式で電源がないとせり出してきません。



 前玉はコーティングが綺麗なものです。SUPER-EBC FUJINON 28mm/F3.5です。広角28mmのコンパクトカメラは初めてです。



 さて我が家は震災を機に、各種バッテリーを常に常備するようにしています。ボタン電池やカメラ用の電池も一緒に揃えていましたので、これに合う電池も程なく見つかりました。



 底面の電池ボックスの裏蓋を外し(裏蓋が紛失しそうな作りです)、取付けてみましたところ…。


 液晶の表示は出ました。通電は問題ないですね。


 スライド式のシャッターを開けると。


 ちゃんとせり出してきます。動作は問題ないようです。フィルム無しでシャッターを押してみましたが、ちゃんとストロボも焚かれます。一見問題無さそうです。


 あとで調べてみると、この機種はレンズの描写が良く当時も評判だったそうです。高級コンパクトカメラとして出されたわけではないので、外装の質感や機能の多さなどは追求していないようです。お散歩用に撮るには、28mm広角は面白そうです。




 後日付属のストラップが頼りないので、別売りのものと首から提げるネックストラップも付けました。桜が散ってしまった近所を撮って回りました。


 使ってみた感触としては、シャッターボタンが思いの外奥まで押し込まないとシャッターが切れません。ちょっと慣れが必要です。また形のせいかあまりホールド感は良くありません。あと使って初めて気付いたのが、ファインダー内に点状のゴミが一つ混入していることでした。実際に映らないとは思いますが、やはり気にならないと言えば嘘になります。





 フィルム一本分は撮り終えました。もう一本位撮って未現像のフィルムがたまってきた頃を見計らって、現像依頼をしたいですね。出来上がりの写真が楽しみです。











 今日はそんなところです。
















コメント
すみません、今どこに買えるのか教えてください。
ありがとうございます。(台湾からメセージです)
  • ヌクミ
  • 2017.04.17 Monday 22:47
 はじめまして。コメントいただきありがとうございます。

 このカメラは1994年発売のコンパクトカメラです。銀塩フィルムを使うもので、今では中古でしか手に入りません。オークションなどで探されるのが現実的かと思います。

 参考にならないかもしれませんが、どうぞよろしくお願い致します。
  • boozoh@管理人
  • 2017.04.18 Tuesday 06:37
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album