ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< オフラインでの古いハード+子ども用に…。 FUJITSU FMV-S8245 | main | わずかな高速化と軽量化を目指して。ThinkPad X200s >>
2014.01.18 Saturday

動作するようになりました! SONY WM-EX20

 おはようございます。

 今日はお休みです。寝坊すればいいものの、仕事と同じように早起きしてしまいました。変な夢でうなされたのです。困ったものです。


 先日ご紹介したカセットウォークマン、WM-EX20です。ベルト交換用に広正エレクトロニックスというお店から、スペアのものを購入しました。頼まれてはいませんが、勝手に宣伝させていただきます。その節はありがとうございました。

 http://www.hirosho-ele.com/index.htm


 何種類か購入しました。CD Walkmanなどでも使えるかな?とも思いつつ。



 内径65mmとの情報でしたので、No.29を二本買いました。他は予備+試験用です。ベルトの幅は0.8mmと細いですが、純正のものはもっと細い模様。


 とりあえず分解しました。


 まず二枚におろしました。ここまでは簡単です。何やら幸薄そうな地縛霊が写っていますが、気にしないでください。


 次に基盤を露出させる為に、三枚におろすのに難儀しました。ヘッドフォンジャックや充電池の蓋が干渉して、ネジを外すだけでは取れません。ネジ自体は一本除き全て同じものでした。

 やっととれたの図です。




 見た感じ、ベルトの伸びは目立ちません。細いですね。


 

 プーリーへのかけかたを以前間違えたので、しつこく画像に記録しました。


 電池ボックスの端子への金具下にベルトが通っています。一回浮かして外します。



 ベルトの長さです(横にいた子どもの定規を拝借しました)。細いです。こんな感じで伸びているのか、やや判断に悩みます。



 まずは実測の値に少し短い程度のこれを試してみます。58×0.7×92.5mm(内径×幅×外径)のものです。
 


 つけてみました。ゴムの伸びの分を考えて、若干短めです。幅は近い感じです。


 バッテリーを入れて再生すると…。


 しっかり動作します!おぉ!!


 しばらく手持ちのテープを回しながら様子を見ました。異音などはありません。再生や早送り、巻き戻しも問題ありません。怪しかったオートリバースもバッチリです。


 ただテープを聞いていますと、本体を動かさない状態でも音楽が少し揺れます。また若干回転が速いように感じます。散々聞いていたテープですので、少々伸びていそうですが、それにしても不自然な挙動です。

 ゴムの内径が小さいせいでしょうか。

 
 そこで事前にうかがった大きさの65mmに近いものを出しました。No.29のものです。64.8×0.8×105mmのものです。


 上が元々のベルト、下が交換予定のベルトです。寸法はほぼ同じです。ただ幅が明らかに交換予定の方が太いです。モーターへの抵抗や基盤への接触などがなければいいのですが…。



 問題なく動いています。しばらく再生しましたが、速くも遅くもなりません。これでちょうど良いようです。



 大きさは意外にぴったりで、遊びはほとんどありません。



 動作は問題ありません。

 元に戻すのは意外に楽でした。ただ細心の注意で行ないました。変に力を入れると、ずれたり歪んだりしそうです。最後に裏側やヘッド部分などの清掃を念入りにしました。結構汚れているものです。


 おっかなびっくりで、所要時間は約一時間弱でした。一度やったことがあり、色々参照しながらでもこんなものです。腕がイマイチどころでないのも確かです。

 

 この後、通勤中に何日か使いました。元に組み直した後に再生中にわざと本体を揺すってみましたが、音が揺れることがあります。昔持っていた機種はその辺はかなり強かった記憶があります。

 はて?


 ただこの年式のカセットウォークマンは省電力が優先されていたようで、駆動系が以前と違うようです。

 それでも歩きながら聞く限りでは、特に問題はありません。



 気になる点と言えば、リモコンがないことでいくつかの操作が制限されることです。

 音量は実質三段階のみ。DOLBY B NRが本来効くはずですが、それも本体のみでは制御できません。今はOFFの状態です。前者はヘッドフォン側のボリュームで、後者は元々DOLBY Cで録音していたものをBで聞いていたので、あまり気にはなりません。ノイズリダクションのくぐもった音が嫌いだったので、ホワイトノイズが懐かしい感じです。




 いつぞや好きだった元祖渋谷系のテープを聴いていますが、「懐かしい!」の一言です。

 



 意外に動作品の流通が少ない感じです。ベルトの交換のみで動けば御の字です。テープ自体が湿気やらで傷みがあるので、その点を差し引いても上出来かと思います。



 テープを捨てなくて良かった、本当にそう思いました。


























コメント
はじめまして。Pfuiです。
「SONY回帰」と検索してこちらのサイトに導かれてきました。
カセットウォークマンをこのように修理できるのですね。非常に参考になりました。私はSONY WALKMAN WM-GX711を愛用していました。まだまだきれいですが、作動しません。何とか復活させて見ようと思います。
ところでスウェーデンのカセットテープ愛好家を追ったショートフィルムがあります。
https://vimeo.com/70877686
ご存知ですか? 
これを見ると、かつての自分たちを見るような気がします。
  • Pfui
  • 2014.01.19 Sunday 23:52
はじめまして。
コメントいただきありがとうございます。

少しでも何かの参考になるようでしたら幸いです。修理という程大それたことはないのですが、こうした部品一つで不動になるのはもったいなく思います。

ご紹介いただいた動画、興味深く見させていただきました。
懐かしいパッケージのテープだらけでした。アナログを懐古趣味と思っていた時期もありましたが、味わい深いものだと今になって思います。

ありがとうございます。
  • boozoh@管理人
  • 2014.01.26 Sunday 16:30
カセットウォークマンの20周年モデルは
お気に入りでした。
数年前まで作動していたのに、
年末に、再生してみると案の定ベルト切れでした。
記念モデルなので、自分でなんとかならないかと思い、品番検索でこちらにたどり着きました。
要点を押さえたわかりやすい手順書があると、凄く安心です。

分解もネジを失くさないように集中してやりました。
すぐにわすれてしまうので、分解前に現状の画像も撮りました!
違う長さのネジがあることをヒントにして、分解してたら、据置用バッテリーの電極の間のネジのみ、1本だけ短いサイズでした。
やはり、3枚おろしは多少の勘に頼って
充電池の樹脂カバーをはずしてから
ゆっくりスライドさせていくと意外にスッと外せました。
こちらも、コメントのヒントが絶妙でした^_^
ありがとうございました。
あいにく紹介いただいたところで
ゴムベルトの確認したら、同サイズが欠品
だったので、仕方なくamazonでいろんな
サイズのベルトを入手して、ただいま入荷待ちです!
うまい具合にサイズが合えば嬉しいですが...
ベルトサイズも参考にさせていただきます。

あと、3枚→2枚に戻すのも少しコツがいり
そうな気がします。
ベルトの互換性を確認する視聴は組み付け
無しで、モーターユニットのみで確認して
大丈夫でしょうか?

無事に完成しましたら、ご一報させていただきます。
  • マメ吉
  • 2017.04.25 Tuesday 17:21
無事にベルト交換して復活できました!
詳しいガイドに感謝です。
ありがとうございました^_^
  • マメ吉
  • 2017.05.04 Thursday 00:40
すばらしい。ただ、動作する
ようになって思うのですが、
 ゴムの伸びで作動しなかった
だけでしょうか。
他に要因もある気がします。
気に障るようであったらごめんなさい
えらい推測するタチで...笑
なにはともあれ補填で
作動できてよかったですね。
拍手送ります パチパチ
  • しゅー中尉
  • 2018.09.02 Sunday 14:58
初めまして。
コメントいただきありがとうございます。

この後の記事で触れたかもしれませんが、振動でモーターの回転が不安定になる症状が出ました。ゴムそのものも幾らか太いものでしたし、細かい調整も出来なかったのでそれ以上は手を加えませんでした。

ベルト以外にも原因がありましたね。ご指摘いただいた通りです。


  • boozoh@管理人
  • 2018.09.02 Sunday 22:39
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album