ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2018.07.04 Wednesday

これまでのベンチマーク記録(26) Atom Z520

 こんにちは。

 

 今日から何と三連休!給料日前ではありますが、公私共に燃え尽きる寸前だったのでホッとしています。ただお約束の雨模様…。雨男なので仕方ありません。台風が近づいているのでこれは諦めるしかないですね。気晴らしに明日にでもちょっと出掛けてこようかと思います。

 

 

 

 

 閑話休題。

 

 

 

 

 先日ご報告したVAIO type Pは、先人によって語り尽くされてきた機種ではあるので今更ですが、当ブログの恒例記事なのでご容赦下さい。

 

 

 まずはWEIです。但しこれはVistaのものなので、7のそれとは誤差が出ます。

 

 

 

 

 プロセッサはお察しの通りです。意外にグラフィックスが高めなのは、GMA500のおかげでしょうか?Home BasicなのでAeroは切れていますが。

 

 

 次は恒例のベンチマークです。

 

 

 うーーーっん。遅いですね。

 

 いつぞやのAtom N270よりも遅いです。最近の異色NUCに入っていたAtom E3815はシングルコア・シングルスレッドでしたが、プロセッサそのものの性能は同じ位みたいです。

 

 

 

 メモリー・HDD共に遅いので、それらが一層足を引っ張っている感じですね。まぁ速さを要求する機種でもないので、労りながら使っていきます。どちらも交換や換装が難しいので、用途を絞って使っていきますか。せっかくきれいで殆ど使っていないものが手に入ったので。

 

 

 

 

 

 

 

 そんなこんなのご報告でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.04.30 Sunday

これまでのベンチマーク記録(25) Celeron G1820

 おはようございます。

 

 巷では大型連休が始まりましたね。私も最後の方に少しお休みがもらえることになりました。今日は夜勤明けのお休みです。間髪入れずに二回連続の夜勤はさすがに疲れました…。今日は用事があって早く目が覚めました。天気も良いですね。

 

 

 

 

 閑話休題。

 

 

 

 

 そういえば覚え書きに一つあげておくことを忘れていました。DELL OPTIPLEXに使っている、Haswell世代のCeleron G1820です。以前取り上げたPentium G3220とあまり体感上の速さで違いが感じなかったせいか、測定することもうっかり忘れていました。

 

 

 

 WEIはこんな感じです。SSDの交換がSATA2のものです。デスクトップ用では最廉価のCPUですが、十分な性能ですね。

 

 

 

 基本的に余り物のパーツと安価で仕入れた中古パーツで組んでいます。メモリーも同じ規格のものを二枚で4Gです。メーカー製のものですが、チップセットはH81です。

 

 

 

 Xeonの半分位の性能ですが、普通に使うにはこれで十分すぎますね。省電力ですし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなこんなのご報告です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.04.01 Saturday

これまでのベンチマーク記録(24) Atom E3815

 こんにちは。

 

 四月になりました。桜はまだ咲きませんが、暖かさを実感する毎日です。去年は四月三日に開花しましたね。今年はもうちょっと遅れるのでしょうか。冷たい雨が降っています。

 

 

 

 

 

 閑話休題。

 

 

 

 

 

 例のAtom NUCですが、興味本位で今までと同じくベンチマークのようなものを取ってみました。体感上はネットブックのAtom N270と同じ位なような速さですが如何に?

 

 

 WEIはこんな感じです。

 

 

 プロセッサもシングルコア・シングルスレッドでこの値。ゲーム用のグラフィックスが意外に高いですね。ストレージはSSDなので納得ですが。

 

 

 CPU-Zで覗いてみると、こんな感じでした。

 

 

 BayTrail系のCPUですから、タブレットのものと同系列ですか。SpeedStepが効いているので、最低で533MHzまでクロックが落ちます。ファンレスに出来るだけ消費電力が少ない訳ですね。

 

 

 

 意外に良くないでしょうか?五万台に届くか届かないかです。SSDでスコアが高いのは当たり前ですが、サーバー用途オンリーには勿体ない気がします。

 

 

 なんでベンチマークを取ったかというと、Linuxが上手くインストール出来なかったからです。インストールするまでは良いのですが、再起動すると動かないのです。手持ちのディストリビューションを幾つか試しましたが、設定が悪いのでしょうか?余っていたWindows7を入れたので、一緒に取ってみました。

 

 

 

 

 メインで使うには物足りなさすぎますが、単機能特化するには勿体ない性能です。筐体もコネクタも非常にしっかり作られていて、個人的に好感が持てます。そしてファンレス、本当に無音です。他に使い道を見つけたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなこんなのご報告でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.03.17 Friday

これまでのベンチマーク記録(23) Core i5 4200U

 こんばんは。

 

 ボーッとする間もなく、刻一刻と毎日が過ぎていきます。こうして歳を取っていくのですね。子供が日々大きくなる訳です。世の中上手く新陳代謝が出来ているのだなぁ〜、と妙に感心します。その割には相変わらず短気だったりもしますが。成長する機会は自分で掴み取れ、そう思うようにしたいです。

 

 

 

 

 閑話休題。

 

 

 

 

 さて、hp EliteBook 840G1をメインに切り換えて数日。以外に馴染んできました。アイソレーションキーボードも、打ち間違いは相変わらずですが、徐々に改善してきています。キータッチでたわまないのがいい所ですね。底付き感?と言うのでしょうか、キーストロークが浅いのは仕方ないのでしょうね。

 

 

 恒例のベンチマークです。二世代新しくなって通常電圧版から低電圧版になった差は、普段の使い勝手では殆ど違いを感じません。省エネ指向はバッテリーの持ちに効いているので、実質の性能が落ちなければ御の字でしょう。

 

 

 

 うーん、遜色ないですね。速くはならなくても遅くはならない、複雑なところです。買い換えが進まない訳ですね。

 

『実用的な性能の最低ラインはCore i第一世代のi3位』という表現を、他のサイトで見たことを覚えています。それを思えば私の用途(ブラウジングやメールの送受信・時々画像の編集など)には十分すぎるのでしょう。

 

 

 

 WEIもプロセッサの値が7を割る以外は、全く隙がありません。メモリーの値が高いのは、チップセットが新しいからでしょうか?SSDも今回余裕があるので、安心して使えます。因みにX220のSSDは残り10数Gを残すのみです…。よく頑張ってくれました。

 

 

 

 

 今話題のRyzenも面白そうです。色々選択肢が増えるのは嬉しいですね。これ以上パソコンを増やす予定はありませんが、ハードウェアの目を引く進化も見ていても楽しいです。機会があったら試してみたいです。

 

 

 

 

 

 ※よくよく840G1を見てみたら、見つけました!SDカードのスロットです。

 

 

 上手いこと、フォルムを崩さないようにカバーされていました。ただ差し込んでもカチッと嵌め込まれた感触のないもので、ちょっと違和感を覚えています。

 

 ただ外付けのリーダーを一々付けなくて良くなったので助かります。やっぱり無い訳無いですよね…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016.08.26 Friday

これまでのベンチマーク記録(22) AMD E-350

 おはようございます。

 

 最近朝の更新が多いですね。今日もお休みです。

 

 昨日旧友が仕事で近くまで出てきたと聞いて、久しぶりに会ってきました。同級生でも出世頭な彼ですが、昔から常識的で堅実でした。その努力が実って今は仕事も家庭も充実しています。二昔経つとこんなに人生変わるものですね。ただお互い会えば昔のような関係が続いていることには感謝しています。再来月にキャンプに行こうと話になったので、今後の励みになります。帰りは遅かったのですが、朝はいつも通り早いのです…。ちょっと眠いです。

 

 

 閑話休題。

 

 

 

 さて先日組んだ(と言うほどものではありませんが)自作弐号機、快調に動いています。ファンレス仕様にも出来る省電力版ともあって性能は予想通りでした。一言で言えば何かするにも一呼吸おいての動作です。ただTDPが18Wで、Radeon HD 6310内蔵ですから立派なものです。動画再生用途にピッタリです。相変わらずちょっと回ると70℃台と発熱は多いですが、熱暴走のようなことはありません。ケースも絶妙なのかも知れませんね。

 

 

 ベンチマーク、備忘録も兼ねてとってみました。ただ何故かWEIは測定出来ません。グラフィックの項目で止まってしまいます。何でだろう?

 

 

 C-60に毛が生えた程度ではあります。演算機能だけ見るとPenryn辺りの廉価版より遅いですね。

 

 一つ気になることが。メモリーの項目が遅いです。DDR3-10600の同じ規格・メーカーのものを二枚載せていますが…。どうもチップセットかマザーボードが対応していないようです。

 

 

 全般的に遅いのです。原因を調べたいですね。

 

 

 ただ余りのもののSSDのおかげで、日常的な使い方には不満はありません。ストレージの速度の影響は大きいですね。

 

 Youtubeの動画を見るだけなら、Radeon HD 6310のおかげでかHD動画の再生も余裕があります。うちがADSLなので回線の速度でカクカクする位で、無線LAN回りを変えたらマシになりました。台所で家事をしながら使っています。

 

 

 性能はともかく、NUCより拡張性もありますし自作した満足感もあります。結構気に入っています。ただ熱上昇が厳しそうなので、OCCTは回さないでおこうと思っています

 

 

 

 

 

 

 自称パソコンのセッティングもだんだん趣が変わってきましたが、一人で使うには多すぎます。そろそろ整理しようかと思っています。そんなこんなのご報告です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016.06.07 Tuesday

これまでのベンチマーク記録(21) Core i5 520M

 おはようございます。

 また例の日を明日に控え、何となく落ち着かない朝です。寝坊しようと思っても五時に目が覚めてしまうのは、ちょっと困ってしまいます。家のことを済ませてから、気分転換でも図ろうかと思っています。天気が今一つなのが残念ですが、比較的涼しく過ごしやすい朝です。



 閑話休題。



 さてもうベンチマークは載せない、とか書いてしまいましたが、せっかく載せ替えたので習慣で測ってみました。メインのX220の2520Mの一つ前の世代の520Mです。Arrandale世代のCPUは殆ど縁がなかったのですが、はたしてどんなものでしょうか?


 因みにCPU以外の構成は同じです。



 HT/TBが付いているだけあって、十分速いですね。SATA2のSSDですが、Windows10の起動はあっと言う間です。私のような軽い用途でなら、今でも全く問題ない性能です。


 ただ発熱は多いようです。

 OCCTを回してみましたが、十分ちょっとでCPUの温度上昇で止まってしまいます。90℃近くまで上がりました。載せ替える前のCeleron P4600でもOCCTは回しましたが、温度の上昇は目立たず完走しました(4時間までしか試さなかったですが)。14インチの筐体で、多少排熱も辛いのかも知れません。ファンも轟音ではなく、温風程度なのですが。


 PenrynとSandy Bridgeの合間で触れる機会がなかったので、いい経験にはなりました。ただこの世代の機種を買い増しする気はありません。



 今のところ、動作検証用兼貸し出し用に動態保存するつもりです。




















 




 
2016.05.28 Saturday

これまでのベンチマーク記録粥Celeron P4600

 おはようございます。

 無事研修から帰ってきました。強化合宿兼耐久レースのような日程でした。自宅で休むのが一番ですね、ホッとしました。今日は休みなので、有意義に過ごしたいです。


 さて先日のL412ですが、我が家初めてのWindows10にしてみました。新しい実験機という意味と、今からWindows7をクリーンインストールすると更新プログラムがいつまでも取得出来ないという現実で、そのようになりました。

 しばらく使ったの感想は、「思ったよりは使いやすい」です。起動も早いですし、Windows8登場の時ほどの違和感は感じませんでした。それはWindows8.1をThinkapad8で使っていることや、Windows10 Mobileにも少し触ったこともあると思いますが。

 ただ勝手に自動更新が始まるのが困ったところです。自宅のネットワークが逼迫されて他のものにも影響があることから、その辺の設定は変えてみました。手を加えたのはそんなところですか。



 さて、WEIはこのバージョンのWindowsですと測れません。フリーソフトで再現も出来るみたいですが、その辺は割愛します。いつものベンチマークソフトではこんな感じでした。




 スペックは以下の通りです。

 CPU:Celeron P4600(2.0GHz,2C/2T)
    RAM:DDR3 4G×1
    SSD:80G(intel X25-M SATA2)
 OS:Windows10 Pro (64bit)


 余り物のパーツで組んでいます。可もなく不可もない感じですね。14インチの画面は、FWXGAの解像度では字も大きめで見やすいです。自宅内の持ち運びには楽で、サイズとしては据え置きではベターだと思います。ただ液晶が青みが強く、視野角が狭いです。これは廉価機だから仕方ありません。



 このシリーズも気が付けば瓦泙罵茲燭里任垢諭今後は古いパソコンを愛用する方向きにアーカイブとして残しておくつもりです。環境の整理などで、これ以上情報更新することは今のところ考えておりません。
 





















 
2016.04.01 Friday

これまでのベンチマーク記録魁Xeon E3-1225v3 (SR1KX)

 こんばんは。

 今日から新年度。職場は人手不足でギスギスしています。困ったものです。ただ辞める気はありません。仕事に行っているから、どうにか毎日を維持出来ているようなものです。そのことに気付けただけでも良しとしたいです。

 やる気は出ません。「何で生きているのかな−」、そんなことを思う時がふとあります。


 因みにJUGEMのエディッタが、今まで使っていたものが昨日をもって使えなくなりました。慣れない形で入力しています。



 閑話休題。



 エイプリルフールにふさわしいベンチマークです(内容は本当です)。先日勢いで付けたXeonを、いつものベンチマークで試してみました。

 CPU-Zで見るとこんな感じです。TDPが84W、デスクトップではこんなものでしょうが、昨今流行の省エネなどどこ吹く風です。初期ロットではないことは、ここでもわかります。




 さて、WEIです。


 
 何という高スペック…。こんな性能、絶対使い切れません。




 30万台?本当?4コア4スレッド+ターボブーストだと、こんなにも速いのですか…。


 比較までに、Pentium G3220はこれでした。(後で気付きましたが、メモリーを16Gに増やす前のものでした。条件が異なりますので、その辺をご考慮下さい。)





 こんなにも差があるものですね。CPU単体は数千円の差でしたが、技術の進歩とintelの上手いマーケッティングを痛感します。



 今でOCCTを回しています。今のところ、冷却は空冷で十分です。Xeonですし定格動作しか考えていないので、安定性を第一で見て行きたいと思います。





















 
2016.02.16 Tuesday

これまでのベンチマーク記録押Core2Duo P8800 + QUADRO FX770M

 こんばんは。

 メインのX220が不満なく故障もなくで、最近は新しい機種を使っていません。元々中古の修理とセッティングを道楽でやっているので、最新のトレンドなんかにはご縁はないものですが。


 先日のEliteBookですが、ちゃんと動きました。

 恒例のベンチマークを…。まずはWEIです。PenryのPの型番は、TDPが25Wでした。P8800はその中で一番高クロックです。私が所有するのは初めてです。



 何でしょう、バランスが非常に良いです。


 因みにストレージはSeagate製の750G(7200rpm)です。HDDとしてはかなり高スコアです。メモリーは手持ちのDDR2 2Gが二枚、動作周波数はバラバラです。その割に見劣りしません。

 それよりR500等と比べて違うのが、グラフィック周りですね。

 同じPenryn、GM45辺りで満足していた口ですが。これだけ見れば隙がありません。オンボードのGPUの弱みがカバーされています。



 CrystalMark 2004R3はと言いますと、こんな感じでした。


 おぉ、余裕の十万台超え。サブ機昇格決定です!モバイルワークステーションの名は伊達ではなさそうです。






 因みにQUADROはビジネス向けのGPUですが、どちらかと言うと別物と勘違いしてしまいます。Quadra、そう昔のMacで欲しかったのです。Quadra 700です。デザインも最高でした。



 秋葉原で探したけど、結局見つかりませんでした。二十年近く前の話です。








 そんなこんなで、EliteBook 8530Wの詳細はまた後日に。
























 
2015.09.04 Friday

これまでのベンチマーク記録院Atom Z3795

 こんばんは。

 一度疲れ切って仮眠をとったら眠れなくなりました。こうやって昼と夜のリズムが崩れていきます。どうにか食い止めないと…。


 さて、詳細は後ほどですが我が家に初めてのクアッドコア(!!)のCPUが来ました。Atomだからとちょっと侮っていたのも確かですが、動作はきびきびしています。

 
 いつもながらのベンチマークを回してみました。



 え…?


 既に十万の大台に乗っている!!タブレットなのに凄いです!!


 因みにCPUはこんな感じです。


 Atom Z3795、Bay Trail-Tでは最速のようです。

 RAM4G・ストレージが128G、それにOSも64bit版と豪華仕様です。







 これではノートパソコンの出番が減るのもわかるものです…。時代は移り変わっているのですね。取り残されそうです。


























Powered by
30days Album